CLOUD SEVEN+

愛車FD3Sでの出来事や日々思うことを書き留めておこうと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
念願のナイトスポーツ FD763、しかもW出しを入手できた!と思っていたのですが、ふとフジタエンジニアリングのホームページを見たときに、「新規開発中!」の文字が・・・
フジタ マフラー 10月発売

こちらも良さそうですねえ。

ナイトスポーツのものは、販売終了したものですので、入手できるかどうかはヤフオク次第でした(笑)ということは、タイミングがほんの少しズレいたら、こちらが本命になったかもしれません。
スポンサーサイト
九州 大分 マフラー

9月の九州旅行の前に、ヤフオクにてマフラーを落札しました(これまた高かった・・・)。

1本目 マツダ純正+純正触媒
(新車なので当たり前か。でも意外と良い音にチューニングされていたと思います)

2本目 FGKパワーゲッター+純正触媒
(斜めカチ上げ砲弾タイプ。音は大きい方ですが、「爆音」というレベルにはありません。ただ3千回転くらいでの室内にこもり音がするのが残念でした。派手にアフターファイヤーの音を鳴らしてました)

3本目 藤壺レガリスR オーバル+ナイトスポーツ メタリット
(隔室タイプ。純正並みに静か。排気効率も良くないと思われますが、見た目の美しさと軽い感じの音で快適だったので、満足度は低くありません。もちろん、パワーゲッターのときのようなこもり音は皆無でした)

4本目現在 ナイトスポーツ FD763 W出し+ナイトスポーツ メタリット
シングルも多くは見かけませんが、さらに珍しいW出し。もうほとんど純正レベルの見た目です。

アイドリングはもちろん、ほぼ全域でレガリスRより静かに感じます。要するに室内に排気音が入ってきません。久し振りのストレート管なのですが、アフターファイヤー音もよく消音されています。W出しと京都の某KFさんのシングル出しと、音の聴き比べをしたいと思っています。

たぶん製造から10年以上は軽く経過していると思いますが、質の良いステンレスを使用しているためか、劣化を感じません。中古のため、残念な傷があるのですが、まあ目印と思えばいいかぁと諦めています。
九州 宮崎 マフラー

実はFDには初めての中古マフラーでしたが、もうとっくに製造中止になったものですし、むしろすごく気に入っています。いい買い物でした。
FD 3450

気付けば新車からもう6年、来年の車検まではまだ時間も相当あり、ここらできちんとメンテナンスしたいと漠然と思っています。

さて、何から手を付けるべきか・・・
とりあえず、年末以来交換していないエンジンオイルであることは間違いないのですが・・・

(先日の7 meetingでナイトスポーツのオイルフィルターを購入しました。エンジンオイルもナイトにしようかなあ)
FD 3444

早く手を付けたいのですが、とりあえず土曜日に修理予定です。

18インチ+255を10Jに装着=ぴっぱり気味→パンクしていても、画像では「うわ!」となるほどではありません。
パンク2
【比較用に左リア↓】
パンク3

購入したタイヤ屋さんのメンバーカードを見ると「パンク修理1回無料」の文字が・・・頼んでみようかと思います。1年半前なんだけど、大丈夫かな。
パンク1

日曜日の早朝、鈴鹿に行こうかとしたときに発覚したFDのトラブル・・・パンクです。まさか、とは思いましたが。

18インチ偏平タイヤでも、結構ペチャっとなるもんですね。
乗ってすぐに「ん?」
動かしてみて「んん???」
タイヤを見て「・・・」声も出ませんでした。

空気を充填すれば、タイヤ屋さんまで難なく走れそうですが、万が一ということもあります。とりあえず外して、テンパータイヤにしてそのまま車庫へバック。外したタイヤはロードスターで運んで修理してもらおうかと思います。

正直、「めんどくせー」です。(何か追加でできるという箇所でもないし)
フロントタイヤハウス オイルクーラー用ホール

約2年近く前になりますが、ブレーキパッドを交換した際に、サービスで開けてもらいました。
by CCさん

FDは、ノーマルでもオイルクーラー2台(グレードによっては1台)装着されていますね。フロントバンパーを見れば一目瞭然、特に5型以降はオイルクーラー用の空気取り込み口が大きく開いています。が、裏側が・・・ふさがっているも同然。フロントフェンダー後ろがわにあるダクト(ドアの前部ですね)から空気が抜けるという理屈は分かりますが、効率が悪いというか流れにムリがあるというか。とにかく期待はできないわけです。

この穴、できればもう1列(合計9個)開けたいところですが、なんとウォッシャー液のタンクなどがあり、開けられません(サーキット専用車であれば、撤去が必須ですね)

ちなみに作業中「(タンクなどに)穴あいたらゴメンなぁ」と脅されました。そんなのヤダ・・・(記憶が増幅されており、そのCCさんがホールソーをブンブン回しながら、ニヤリとしていたような・・・)。

残念ながら油温計がありませんので、具体的な効果のほどは分かりません。でも、効かないわけがありませんね。入り口は開いているが、出口が狭いのでは、冷えないのは明らかです。

しっかしこのチューン。「確実なのに地味」・・・前述のCCさんのFDには、こんな「地味だけど確実」な工夫が多いので、見ていて飽きません。
フロントタイヤハウス オイルクーラー用ホール2

OMP ヴェロチータ 内装1

年末にMOMOスパイダー32パイから、OMPヴェロチータ33パイに交換しました。意外とこの1センチの差を感じます。

大きくなったからか、ステアリングのオフセットが微妙に違うのか(数値上では変わらない)、少しステアリングが遠く感じます。ちょっと調整が必要かもしれません。
でも、初めてのスエードのステアリングは「イイ!」の一言です。
OMP ヴェロチータ 内装2

「何がいいんだい?」と言われれば、「理屈抜きに雰囲気がカッコいい」というバカな答えに終始します・・・MOMOスパイダーもそうですが、雰囲気が大切だと思うのです。
OMP ヴェロチータ 内装3

スエードのステアリングは、普段の運転にもグローブをする必要がありますが、それが「苦じゃないぜ」「恥ずかしい!?はぁ!??」という方には、オススメです。
ホイールを外していないので何とも言えませんが、そろそろフロントブレーキパッドがヤバいと思われます>My FD

SEI CSを使っており、あの独特の「喰い付き感」がたまりませんが、ちょっとストリートでは勿体無い・・・と思っています。そこで、グレードを落とすというか、適正化するというか、SEI SS(ストリートスペック)にしてみようと思います。

あと・・・ホイールナットにアルミナットを使っていますが、これも何となく不安・・・そこでこれも新調しようかと思っています。ロングボルトのカッコよいヤツにしようかと思っています。

透明ホイール

これ市販されたら目立ちそうですが、なかなか登場しませんね・・・
お恥ずかしい話ですが、マフラーが外れました・・・

まあナットが欠落していただけで、ボルトはアース線に引っかかり残っていました。外れた箇所は、触媒とマフラー側をつなぐ2本のうち1本が、外れていました。

「周りに爆音クルマがきたのかな?」と思いましたが、センターコンソールあたりから伝わる振動が、いつもと違います。すぐにクルマを停車させて下を見ると・・・外れてガスケットがぶら下がってる・・・
偶然にもちょうど走行距離49,000キロぴったりでした。

実は先日ロードスターも外れていましたが、結構外れる箇所なのでしょうか。何はともあれ、そろそろきちんと整備してあげないといけません。
マフラーはずれた

吉野 旅館前にて

年末ですので、洗ってやらなければ・・・と思います。キレイに年越ししたいものです。思えば、半年以上も前にワックスをかけた時に念入りに洗っただけ。

特にホイールに関しては、ちょっと汚れが溜まっています。気合を入れようと思います。
ステアリング交換です。5年ほどモモ スパイダーを愛用してきましたが、このたび「触れるところはリフレッシュ計画」により交換です。

スパイダー カーボンのビジュアルは気に入っているのですが、使用感はよくないですね・・・当たり前ですが、カーボン部分がスベるしカタい。ドライビンググローブが必須です。

そんなわけで、耐久性に問題ありそうですが、使用感は文句なしと思われるスエードのステアリングにしようと思いました。径は33パイで、黄色のステッチ、大きなホーンボタンがないもの、ディープコーンと悩みましたが、今回はフラットなものを選択。形状は、D型ではなく真円タイプで、握りはオーバル形状・・・条件は以上です。

条件に当てはまるものは、なかなか見つからなく「コレは!」と思って問い合わせても、既に廃盤で在庫がないという状態です。そこで店に直接行き、検討することにしました。
OMP ヴェロチータ

今回購入したのは、OMPヴェロチータ。33パイ スエードで、条件に当てはまらないのはホーンボタンだけです。(黄色のステッチではないのですが、黄色でトップ部分にラインがあるのでOKとしています)
最後まで悩んだ候補は、モモ モデル80。こちらは35パイだったので、今回は見送りましたが、それ以外はカンペキだったんです。もし機会があれば、こちらも欲しいものです。
モモ モデル80

購入先はナニワヤさん。土曜日の夕方でしたが、静かな店内で吟味することができました。
旧シフトノブ1

私のFDは、タイプRバサーストRの限定車なのでマツダスピードのシフトノブが付いていました。しかしそのシフトノブは、リアルカーボンとアルミのサンドイッチですので、比較的軽量なモノです。

軽量なので、ややシフトの感触は満足度の低いところだったのですが、カーボンとアルミの接合部からビビリ音が発生し始めたときに「イラネー」となり、交換することになった次第です。

最初はオートエクゼのチタンノブ。290グラムもあるので、非常にシフトが楽になります。クイックシフトにしたのですが、重量のおかげか、それほどシフトフィール悪化は気になりませんでした。しかし、やや大きい・・・と感じ、3個目の球形シフトノブへ。

3個目のシフトノブは、ロードスター用に購入したのですが、これが絶妙な大きさ!重さは290グラム。素晴らしいです。しかし、完全な球形のため、上記画像のように、シフトブーツとの間の細~いところが・・・気になります。まるで、靴とパンツの間に見える素足のようで・・・

そこで、登場のコイツ。なんてビミョーなカスタマイズ!
シフトノブ比較

重量は同じで、ややシフトノブ下部にスカート状の部分があります。
【装着後】
新シフトノブ 装着後

画像のホワイトバランスが狂ってますね・・・んん、、自己満足ということで。

ps
交換当日は、RX-7がメインのツーリングを予定していたのですが、豪雨のため中止に。このシフトノブを装着体験してもらおうと思っていたのに・・・近々 ロードスターで復帰です。
オートエクゼ チタンシフトノブ

最近、ロードスターに乗っていないです。約2ヶ月になろうとしています・・・FDもチョイ乗りだけですので、仕方ありません・・・

さて、上の画像はオートエクゼのチタンシフトノブ装着時です。7月にロードスターのシフトノブを交換したのですが、すこぶる上質で気に入ったので、オートエクゼを止めてステンレスの球形シフトノブをFDに装着していました。

しかし完全な球形のシフトノブだったため、お世辞にもフィットしているといえません。ちょっとシフトカバーとのすき間が気になります。そこで先日販売されたコイツ。
シフトノブ 3

まさに「カユいところに手が届くようだ」な表現がピッタリです。早速注文してみました。来月早々に届くようです。
シフトノブ 4

ps
爆音マフラーというわけではありませんが、某オークションの雨宮さんのマフラーが気になって仕方ありません。「競技専用」だそうです。昔は競技専用でなければ、お金を出す気がしなかったものです・・・
2004北海道 夕暮れ

本当に秋らしい、良い天気が続きますね。秋 大好きです。

先日イリジウムプラグに替えてから、体感的な変化はもちろん、視覚的にも変化が確認できたことがあります。

それは、マフラー出口の様子でして「キレイに焼けている」のです。プラチナ(純正)の時は、街乗り時は真っ黒にススが付いていたものですが、最近は白く乾いています。まるで、3速・4速で5千回転以上をキープして走った後のように焼けています。
シーズン的なものもあるかもしれませんが、「よく燃焼している」可能性は高いと思うのです(ちなみに燃費の変化は確認できていません)

非常に気持ちよいシーズンに、キレイに燃焼していると思うと・・・
「音、モノ足りん・・・マフラーか・・・」と思っています。
plug

プラグをデンソー イリジウムプラグに交換してみました。

従来は純正を使用していました。
今まで2輪時代を含めて「プラグ交換」で体感できるほど効果を得たことはないので、あまりレーシングプラグだなんだと興味がありません。熱価変更も「保険」として変更してもよいですが、セッティングを変えたわけではありませんし、街乗りでプラグ熱価を変更要なほど燃調を変更するのは関心ありません。

今回は、いつもNGKのプラグ(純正採用のもの)を売ってくれる人が、デンソーのイリジウムをオススメしていたので、試してみようかな・・・値段もあんまり変わらないし・・・という思いつき程度です。

変更後(交換前プラグは、始動性が落ちているようなプラグだったので、純正との比較にならないかも知れません)ちょうど、エンジンオイルを交換したあとに、なんだかスムーズに吹け上がるなあ、という感覚に似ています。おそらく先入観ですが、「よく点火しとるぞ」な感覚です。

しかし、明らかに改善したことがあります。
私はパワーFC(ナイトスポーツセッティング)を使っていますが、街乗りでアクセルオフでエンジンブレーキで減速(2・3速程度)・・・ギアを変えずに、2,000回転台からアクセルオンにするときに、すごく気を使わないとギクシャクします。ソッと踏んでも息継ぎするようになるのです(プラグが劣化するとヒドくなりますが、新品純正プラグでも改善はしないです)。しかしイリジウムだと、スッと回転が上がります。トルクが出ているのでしょう。この感覚は、触媒をスポーツ触媒に変更したときに似ています。(すぐに慣れて日常になるのでしょうが・・・)

高速道でガツンとテストしたいですが、自粛しておきます。
plug

左がイリジウム。右が純正。電極形状が、イリジウムの方がフツーぽい形ですね(しっかし見事な極細です)。ほとんどカブったりすることがないので、イリジウムの形状で問題ないと思うのですが、今後も何か気付けばインプレしたいと思います
(燃費向上などは、期待していません。トルクが出た分、同じアクセル開度でもクルマが進んでくれそうですが、面白がってアクセルを踏んで回転を上げてしまうから、結局は燃費悪化するでしょう)
ナイトスポーツ

ハニカム・カーポンと素材構造も凝っていますが、視覚的にも凄く効果のありそうなパーツですね。しかし、価格が10万円近い・・・

ちなみに私は最近、外装でカーボン地むき出しになっていることに、あまり関心がありません(内装でも織りが余程のキレイさでないと不快です)

せっかく軽いのに、塗りたい上に10万円以上ものパーツ・・・購入は無いと思います。

パーツのことを考える前に、来月は車検です。
FD

週末の爆走ツーリングは、画像を一枚も撮ってないので、どなたからか届くのを待っているところです・・・

先日のセブンデイの前夜祭 泉大津SAでのスナップですが(実はカートバトルお仲間です)、このクルマが現在、私の中でイケてる仕様なんです。

基本的にフジタエンジニアリングのエアロなのですが、このフロントフェンダーが良いですね。もし自分仕様であれば、リアフェンダーは無し、ホイールは18インチ(画像は19インチ!ど迫力です)、色は・・・というところですね。あ、前置きインタークーラーではなくVマウントかな。

最近、キレイな赤FDを見ることが少なくなったので、このようなFDを見ると「オオッ」となってしまいますね。ちなみに青FDでハードな仕様が少ないような気がしていますので、狙い目かもしれません(黄色は、ポケモン号やミスターT号など、強烈です・・・)
7day Meeting


今日は関東・筑波サーキットで大イベントの日でしたね。行きたかった・・・

関西のイベントの際には、天気予報は完全に雨でしたが、画像のように晴れていました。この1時間後、土砂降りとなりましたが・・・。関東の天気はどうだったのでしょう?

やはりこのようなイベントは関東なのかな、と実感している今日この頃です。一方で、人が大杉!というのも分かります。でも、やっぱり色んな人がいたほうが楽しそうです。

お土産画像を楽しみにしているところです。


シャーク1

関西7day Meetingで最も注目を集めたのではないでしょうか>シャーク井入さんのマイカー(マイカーと書くとショぼく感じますが・・・)

シャークさんは、今年もスーパーGTでRE雨宮アスパラ7のドライバーをしていますが、セントラルサーキットの部長さんだそうです。だからミスターT氏は「あ、ぶちょうだ!」と呼んでいて、最初は「???」でした。

この淡いイエローのFDですが、エンジン音を聞いた途端「なんだコレ?」となります。「パリパリ」という軽い排気音がします。自然吸気の3ローターが積まれており、気持ちイイ音をレースで響かせてくれました。2ストのバイクに近い音だと思います。

どれくらいのパワーが出ているのかわかりませんが、井入さんのドライブも伴い、レースではタービン交換のFDを押さえ込んでしまいました。

いやいや、イイもの見せてもらいました。

◆左右2本だしですね。これも「ウムム」となるDetailです。左側にはミッションオイルクーラーだと思いますが、数台が装着していました。
シャーク2

◆ファンネルが3つ、NAの証です。バイク少年憧れの「茶漉し仕様」ですね。
シャーク3

◆3ローターといえば20Bな訳ですが、よく見ると「13B(!)」
シャーク4


一番上の画像でもわかりますが、かなり低く奥(=車体中心)にエンジンをマウントしています。3ローターですので、エンジン長が長くなりますが、このFDのフロント部は余裕がかなりありますね。驚きました。
ミスターT氏から「大阪雨ですか?セントラルは晴れてますよ~」と悪魔の連絡があり、セントラルへ向かうことに・・・

なんとも中途半端な時間に到着したので、じゃんけん大会にも1回のみの参加となり、もちろん何もゲットできずガッカリ。会場も、なんとなくドコが見所かよくわかりません。とりあえずクラフトカンパニーさまにご挨拶に行くと、フジタさんとこのデモカーがトラブったので、CCさんの同乗走行も無しということが分かり、さらにガッカリ。

でも、レース形式の走行が行われるので、それだけは観戦せねば!となったわけです。何とか雨もギリギリもちそうですし、シャークさんと和田さんの対決は、そう見られるモンではありません!

と、期待してピットロード入り口付近で最終コーナー方面を見てたら・・・和田さん、いきなりピットイン・・・リタイヤでした(涙)

レースはシャークさんのブッちぎり。オープニングラップのバックストレート入り口までは「バトルになるかな?」でしたが、あっという間に差が付いていきました。

しかし参加している方々のクルマは、大なり小なり手が入っており、セブンライフを楽しんでいるようです。羨ましいですね。


◆シャークさんとの対決が楽しみだったポケモン号(と言われているらしい。某mちゃんより)RE雨宮さんところで仕上げているようです。ちなみにドルフィンマフラーって本当に静かなんですね。今回のレースでは最も静かだったように思います。
WADA

泉大津PA

関西7Day Meetingの前夜祭ということで、9時すぎから11時過ぎまでいました。が・・・ちょっと寂しいかな・・・

関東ではどれくらい集まるんでしょうね。今年はムリですが、来年は関東に行ってみたいと思っています。
昨年に引き続き天候不順で、あまりテンションが上がりませんが、パーキングエリアでの前夜祭とセントラルサーキットでのイベントに行ってきました。

詳細はまた画像付きで、ご紹介したいと思います。

ところで、日曜日のセントラルサーキットからの帰りに強烈な にわか雨に遭いました。どしゃぶりの中クルマを走らせていると、ある地点で雨がピタリと止むのです。路面も、まるで線を引いたようにドライとウェットが分かれていて、熱帯雨林気候帯でのスコールにでもあった気分でした。

おかげさまでクルマがキレイになり、洗車代を1回分得したようなものです。今回のような雨なら悪くないですね。
レカロクッション2

エアーシート導入して、快適フルバケ夏仕様を企んでいますが、某レカロ関係者の方より、最新プチ情報です。

これかどうか不明ですが、どうも薄いシートクッションパッドが販売されるようなのです(画像の赤丸部分)SP-Gユーザーがターゲットになるようですが、SP-GTにも問題ないはずです。

まぁ、TS-Gでワイルドキャットがでると、買っちゃうかもしれませんが、暫くはこのクッション待ちをしようと思います。
レカロ クッション

いつ登場したのか知りませんが、こんなものがレカロから発売されたんですね。大腿部・太ももの下のクッションでして、通常の座布団部分を撤去し、これを装着するとお尻はフルバケシェルに直に触れます。素晴らしい・・・(色はクロ、アオ、アカ)

私のSP-GTは座布団がやや厚くツーリングには非常によく、尻がすぐに痛くなる私にはサイコーの椅子です。でも、もっとアグレッシブさが欲しくなるのですね。一方では、夏は尻や背中が汗でベトつくのです。

そこで、こいつ・エアーシートとレカロクッションを組み合わせて、「灼熱の真夏だろうと、快適さとアグレッシブさを忘れないフルバケ仕様」を計画しています。このエアーシートは定価10,000円程度ですが、5,000円以下で購入できそうな程 価格もこなれてきています。

当たり前ですが、ロドスタにもすぐに持ち込めるポータブル性も評価できますね。サーキットでも快適性は重要なはずですし、なんせMyロドスタにはACがない・・・
エアーシート

マンハッタンゴールド

先の土曜日に洗車したのですが、洗車場の途中でホームセンターに寄りました。狙うはザ・シュアラスターの小缶 予算はスバリ1280円でした。

んが!売り切れてる(涙)この時期はワックスがよく売れるのでしょうか?そこへ悪魔の誘いが・・・シュアラスター マンハッタンゴールドの小缶 10周年記念クロス付き 2480円! 悩みました。用も無いのにホームセンターを一周し、購入に踏み切りました。久しぶりのシュアMGです。

一番最近使ったのがザイモールだったので、MGとはいえシュアの作業性の良さに、楽しく作業を進められました。ご存知のとおり、シュアは濡れた状態での塗布もOKとしています。私はワックススポンジを少しだけ湿らせて、なるべく薄く塗り、すぐに拭き取ります。シュアだと、リズムがいいですね。

久しぶりにボディを撫でましたが、飛び石痕や鉄粉などのザラザラ感が増えていました。より擦りたいところですが、それだとまさに「ハマる⇒こする⇒傷つく」なので、ここはガマンですね。

洗車中にブルーのMINI CooperSの方に話しかけられました。他のクルマの経験はあまりないのですが、FDってよく話しかけられる気がします。
もう作っていないクルマですので、いつまでも「キレイですねぇ」と言われ続けるクルマであって欲しいです。
ロードスターの整備費用はミスターT氏のご協力のもと、かなり抑えられていますが、それでも限りある予算です。お金が無くなって走行できないなんてことにならないように節約せねば、と思っています。

そういうこともあり、一時的に「ボディに触れない党」から脱党したいと思います。FDにガラス系コーティングをしたいと思っていますが、しばらくはムリですので、GWにワックスをかけようと思います。


今回の使用予定は「ザ・シュアラスター」小さいタイプですと、ホームセンターで1000円前後で購入可能ですね。ウェス等も含めて2000円程度でお買い物、あとはコイン洗車場代約1200円です。
シュアラスター


久しぶりに下記メニューを実施します。
1、高圧水をハンドガンタイプでクルマ全体に掛け、ホコリを飛ばす。
2、台所用中性洗剤(JOYはダメですね。弱アルカリ性ですので)をバケツに数滴、たっぷり泡立てます。
3、スポンジはルーフ、ボンネット用、側面上側用、側面下側用、あとは下部に近いところ用の4個を使い、泡をたっぷり使いながら流します。
4、泡だらけのまま、ノンブラシ洗車ゲートへ移動
5、水洗いコースで、洗剤をキレイに流します。
6、セーム皮でサラ~っと水を拭き取り。
7、ワックスを、「タテタテ・ヨコヨコ」と1パネルごとに塗っては拭き取ります。
8、全体を仕上げ用クロスで拭き取ります。
9、FDはいろんなところから水がチロチロと出てくるので、なるべく拭き取ります。
10、樹脂部分をアーマオール系を染み込ませたクロスで拭きます(今はポリメイトを使ってます。どちらも差は無いように思います。私は、そのとき安い方を購入しています)

最後に車内を適当に拭いて終了です♪
めちゃくちゃ久しぶりなので、なんだか楽しみになってきました。日が昇りきらない早朝から頑張るつもりです。
以前、業務用の空気圧管理システムが発売され、興味津々であることを書きましたが、とうとう市販車用のシステムが発売されていますね。

ヨコハマタイヤさんから発売されているAir Watchです。
air watch 1

今はロードスターへ予算を注ぎ込んでいますので、FD3S用の予算は取れないのが残念ですが、このシステムは正直欲しいです。水温とタイヤ空気圧を見て走れれば、なんて楽しいドライブになることか・・・(ブースト計はトラブルの時だけ教えてくれたら十分なので、常時見なくて済むようにセッティングしたいところです。ロドスタなら、もちろん不要ですね)

どなたかのインプレをお伺いしたいところです。
air watch 2

今さらですが、ハイドロです。教習所でも習いますが、、、
ハイドロの起きる条件は、スピードとタイヤ空気圧が決定するんですね(タイヤの溝よりも水深が深い場合)。ある雑誌で実験から導かれた公式が紹介されていたのですが、ちょっと新鮮な思いでした。

私はバイク時代に大雨の中、コーナリング中にハイドロでコントロール不能となり、吹っ飛んだことがあります。ユラユラと外側からコーナー内側へ滑っていき、そのまま・・・・今は4輪とはいえ、ハイドロには敏感です。

FDのような車重の割りに太いタイヤだとハイドロプレーニング状態に陥りやすいと思っていましたが、そのような状況よりも「空気圧」の方が圧倒的に重要なんですね。

以前ミスターT氏が、シガーソケットを使ったコンプレッサーをいつも常備していると言っていました。私も常備して、ウェットの時に空気をパンパンにしてみようかと思ったりもします。

愛用のミシュラン パイロットスポーツは排水性に優れたタイヤですが、それもユーザー次第なのですね。このタイヤだと安心して雨の中でもスピードを出してしまいますが、過信しないようにします。
PS

何度も取り上げているピラーメーター・・・まだなにも手をつけていません。

ピラーマウントメーターはカッコよいのですが、視認性が最悪なのはご周知の通りです。でも「カッコいい」です。私はFD3Sオリジナルの内装デザインを愛していますので、ダッシュボードにメーターを並べること好みません(じゃあ、ピラーはエエのか?と聞かれると・・・でもピラー内装はデザインされてないですよね?)コラムカバーへのメーター移動も考えたのですが、雰囲気が満足いくものではなく悩んでいました。

○ピラーマウントが×ではなく、視認性を改善したい
○ブースト計が必要(警告音機能が必要ですね)
○最近はアナログメーターでなく、デジタルでもOKな気分
○FDオリジナル内装デザインをぶち壊さないこと

そこで、こんなものを見つけました。私は走行中にナビを見ることが多いのですが、2DINタイプのナビに変更したところ、視線移動距離が長く、少しキケンかなと感じています。
この2.5インチのモニターを1個+HKS EVCを1個 それぞれAピラーにマウントしてみようかと思いますが、どうでしょうか?「なんで突然EVC?」と言われても困りますが・・・(現状ではパワーFCでコントロールしています)

AピラーでナビやTV・DVDをBGVにして運転できると、現状よりはるかに安全です。ナビやTVを見ながら運転するな、と言われそうですが、私にとってナビは「道路標識」ですのでご勘弁を。
Aピラー 2.5インチ

やっと交換しました。
寒かった今年の冬をなんとか持ちこたえてくれたバッテリーさん、4年半年お疲れ様でした。(GS製でした・GSはなんとユアサと2004年に合併してGSユアサになってたんですね。知りませんでした)

当たり前ですが、セルの回る音が元気がよく気持ちよいです。
BOSCH 1

BOSCH 2

 | HOME |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。