CLOUD SEVEN+

愛車FD3Sでの出来事や日々思うことを書き留めておこうと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
最近の私は、相変わらず六本木で一日を過ごしており、色んな言い方・表現をしていますが、「要するに会議」が朝から晩まで・・・英語のみの会議の時には、もう頭は水温100℃を超えてブロー寸前な毎日です。

新聞を見ると、私の家から最寄りの郵便局に強盗が入ったとか・・・平日のお昼時に強盗が入ったようですが、その時間は最も人通りが多く、「下見もしなったのか、計画せえよ」と思うわけです。

週末には大阪に戻っていますが、そこでも会議だの資料を送れだの、外出もままなりません。
そして先週末に気づいたのが、自宅から1分のところに「焼き肉たむら」が開店していたことです。「なんのためらいもなく、他人の芸をパクる人」たむらけんじさんのお店です。今度行ってみようと思います。

しかし今週末こそは充実のプライベートとすべく、土曜日は大阪モーターショー、日曜日は京都・高雄フロムセブンとイベント三昧だぜ、と思っていたのですが・・・
GTR当選

は?日曜日ですか!?     「間違えた・・・・」
どうも日付を間違えて希望を出したようです。日曜日にモーターショーとフロムセブンを一気に行くことは・・・ムリだな。どっちにしよ・・・

スポンサーサイト
Kobe event Nov18 1

スーパーオートバックス サンシャイン神戸で開催されていたイベントに行ってきました。
なーんにもお目当ても予定も何もなかったのですが、7月のセブンミーティング以来イベントらしいものに全く行っていませんでしたし、最近はちょっとクルマへの情熱が薄れてないか?それでも自分の人生なのか?(大袈裟か・・・)、気楽に気分転換と思っていきました。

何はともあれ、まっ先にCCさんへごあいさつ。
「ミッションオイル交換しなはれ!コレ使え。オレも使っとる」
Royal Purpleっていう会社は知らなかったのですが、非常に良いのでオススメだそうです。
今日は何も購入するつもりがなかったので買わなかったのですが、次回のミッションオイル交換時にはこのロイヤルパープルを使ってみようと思います。

今回CC号はホイールを外して足回りを大公開。これは大サービスですね。ぶっちゃけココが見たいのですよ、速いクルマのココを。↓まずフロント。
Kobe event Nov18 CC号front

↓リヤ
Kobe event Nov18 CC号Rear

スーパー耐久用のブレーキローターも一般販売向けに取り扱うようになったクラフトカンパニーさん、まだまだ私は指をくわえて羨望のまなざしです。

次に行ったのはR-Magicさんのブース。なかなか関西では見られませんので、じっくり見ておきました。
Kobe event Nov18 Rmagic

Kobe event Nov18 Rmagic rear 1

↓マフラーセンター2本だしの間には、エアジャッキがみえます。
Kobe event Nov18 Rmagic rear 2

厳しい目つきですね。
Kobe event Nov18 Rmagic front

エンジンルームはキレイです。インタークーラーへの空気が逃げないように、細かい箇所までしっかり処理されていました。
Kobe event Nov18 Rmagic Eng room

近代的な処理とはいえませんが、まるで少し前のGTカーのようです。メダルもオルガン式でした。ここらへんが、もうちょっとカッコよくならないかなあ。
Kobe event Nov18 Rmagic drivers sheet

R-magicさんのRX-8用オーリンズが交換工賃込30万円でした。
私の足回り(AutoExeチューナブル)はメンテナンスせずに来年交換しようかと思っていますが、このようなイベント時の交換も狙い目かもしれません。

そういえば、RE雨宮さんところに寄るのを忘れていました・・・
GTR1

とうとう発表のGT-R。
スペックはとにかく凄いし、値段は確かにバーゲンなのではないでしょうか?

V6 3.8リットルのエンジン。やっぱりプロペラシャフトはカーボンですね。
デュアルクラッチと日産が言っているのは、ツインプレートということでしょうか。パドルシフトは、もうスポーツカーでもアレルギーなく受け入れられるのでしょうか。

前ブレーキは380パイって・・・でかいですね。しかもフローティングローターです。
もちろん6ポッドキャリパーはブレンボ。標準のホイールは残念ながら鍛造ではなく鋳造ですが、オプションで鍛造もあるのでしょうか。ローターもキャリパーもデカいので、ホイールは20インチ。
ちょっと驚いたのは、タイヤではなくて「窒素ガス封入」であること。当然ディーラーで補填させてくれるのでしょうが、メーカー採用されるということは、それなりに効果があるんですね。私は窒素ガスになんとなく前向きになれなかったのですが、今後使ってみようかと思います。
GTR2

フロントは、、、大人しいような気がします。ただ最近、新型スカイラインが近くのディーラーに展示されており(赤色)、すごく印象が良かったのです。GT-Rも実車は迫力があるのだと思います。
GTR4

フルバケを入れたいクルマですが、このシート・・・もったいないですよね。R32のときも素晴らしかったのですが、今度もすこぶる良さそうです。
GTR3

シフトゲージが独特ですね。インパネのデザインは、スカイラインらしいのではないでしょうか。タコメーターは、ゼロが真下がイイのになあ。

助手席ドアのグリップは、FDのデザインをパクってます(嘘
ライコネン チャンプ

まさかね・・・という展開の連続。本当に面白いシーズンでした。

私はセナが亡くなり、マンセルも引退した以降、F1を観なくなったのですが、久しぶりに熱くなったのがアロンソの登場でした。そういったこともあり、「新人がチャンピオンなんて」と思っていたんです。でも、それ以上の結末でした。

来年が待ち遠しい。
前にもお伝えしたとおり、私は「地域別価格差」について、当然のことだと思います。でも、単に「値段が高い」は受け入れられませんので、新たな付加価値がなければ、NGとするまでです。

そういえば、マクドナルド社長が人件費などを理由に地域別価格差をつけるかもと発言した際に、一目散に「何言ってんだ。チェーンの意味がねーじゃん。一律料金が基本だろが!」と批判したのは、阿部社長だったと思います。

ま、昨今の日本マクドナルドの業績回復ぶりは、無視できなかったんですね。しようがないですね・・・

でも吉野家よ、うちの近所は値上げはダメだ。認めん!

先にも言いましたが、私はこの種の「需要と価格のバランス」を追及する仕事のため、どうしても偏った意見になります。お許しを。

【ロイターより】 吉野家ホールディングス<9861.T>の安部修仁社長は11日、2007年8月中間決算発表の会見で、吉野家は全国一律という価格戦略を転換すると述べた。ただ、値上げのスタンスとは違うという。
 安部社長は、価格設定について「地域別の事情に合わせ、適合する価格帯を見つけながらやる。全国一律の価格帯という考え方は転換する」と述べた。
 ただ、現時点で、いつ、どこで、どのような価格を導入するかという具体的考えはなく「明確に値上げというスタンスには立っていない」と語った。
 安部社長は、12月―来年2月の第4・四半期には、来期の価格戦略や牛丼販売時間などを決めたいとした。牛丼の24時間販売は、今下期にも織り込んでいないという。
また、悲しいニュースです。
GPライダーのノリックが事故死。一般道での事故のようです。

あのNSR500で衝撃の全日本デビュー(ブルーフォックスとかいうチームだったかな?青いNSRが、ドリフトしたまま鈴鹿の1コーナーから2コーナーをクリアしていくなど、とにかくスゲー走りでした。

日本GPでは、シュワンツとレイニーをぶっちぎった!と思ったら、やっぱり鈴鹿の1コーナーで吹っ飛んで、でもサイコーの走りを見せてくれました。

ヤマハでの世界GP参戦以降は、どちらかといえば迷っているように思える走りだったのが残念です。


悲しいことに、先月、元スズキのワークスライダーの沼田選手が岡山国際サーキットでのテスト中に亡くなったところです。
沼田選手は、地方選手権からずっとスズキに乗っていたと思いますが、SP250というアマチュアレースで、ホンダNSRが全盛の中、スズキRGVガンマで勝ち続けていました。

全日本クラスでも、スズキRGVガンマが、ホンダNSRはもちろんヤマハYZR、TZに到底歯が立たなかったときに、沼田選手が参戦。一気にトップグループに押し上げ、チャンプまで獲得しました。シュワンツと同じラッキーストライクカラーがカッコよかった・・・

心からお悔やみ申し上げます。
大変面白かったトップ展開、でもとにかく「なんだコイツ?」は、ドイツ人ベッテル。

富士で「スゲー、だれコレ?」な走りでしたが、今回も凄かったですね。来年が楽しみです。レッドブル系以外のチームに移籍してほしいです。

さて、ごく一部の方にはご連絡しましたが、2週間ぶりにセブンが手元に戻ってきました。九州の果て、鹿児島・志布志港から大阪・南港までフェリーにクルマだけが船旅をして帰ってきました。

最近も相変わらず仕事環境がコロコロ変わりますが、ぼちぼちアップしていきたいと思います。
九州 阿蘇 ハイライト 1

当分は、9月の九州旅行でもアップしようと思います。
IME(input method editorの略だそうです)・日本語の変換ソフトが今月になってから機能しなくなりました。オフィス2007をインストールしてから約1ヶ月、もう「アホか!」なレベルでしか変換してくれないのです。

いつもはリモートアクセスで、会社のネットワーク上で仕事をしているため、自分のPCの状況はほとんど影響しませんが、住所すらも変換しなくて入力するのに何分もかかるので、対策をしました。

ATOKに乗換えようかとも思いましたが、MS-IMEでも不便では無かったので、とりあえず再インストール。なんとか治ったところです。ちなみに、今週中にはNew PCを箱から出します(こちらは3週間自宅に放置)

夏も終わりですね・・・
2007夏 甲子園

2007淀川花火 1

鈴鹿8耐の花火とは違い、こちらは純粋に「花火のみ!」
一部でBGMが流れて耳障りなのですが、すごい規模なので、毎年楽しみにしています。
2007淀川花火 2

2007淀川花火 3

2007淀川花火 4

2007淀川花火 5

今年も日本ペイントビル前で観ました。1時間も見上げると、首がいたくなりますが(笑)、あっと言う間の1時間です。
2007淀川花火 6

narita

今年の4月から移動手段に飛行機を使うようにしています。以前は新幹線でした。とにかく搭乗とか手荷物検査とかメンドクセーと思っていましたが、慣れとは怖いものです。今ではせっせとマイルを貯めています。

さて、飛行機は100%化石燃料で動きますので、原油価格と運賃の関係がそのまま経営に影響します。成田では、以前JALで原油(航空燃料)の先物取引をしていた方と一緒に仕事をしています。彼によると需要の高くなる前に多く仕入れるのですが、どうしても余ることが多く(足りないと運航できませんしね)、余りそうな量を小売に流すなどして(ここでも先物)、利ざやを得たそうです。
(国営時代のJALのお話ですが、結構な収益性だそうで、今でも行っているでしょう)

昨今、またまたガソリン値上げが激しいですね。アメリカでは需要と価格の連動は十分に理解されており、7月8月のバケーションシーズンにガソリン・燃料が高くなるのは「当然」のことと理解されているそうです。そして、そこでも競争原理が働き、価格を上げたい企業と出し抜きたい企業(格安会社さんですね)が、血みどろの戦争しており、そうすることで消費者利益をキープしている・・・という極めて合理主義なわけです。

でも日本では、環境や資源問題と絡ませるか、単に原油価格の値上げ(外部への責任転嫁型)を理由に値上げしているわけです。石油業界の方々は8月は「利益率向上」の絶好のシーズン(ハイデマンド)なわけですので、「儲けたいので、あげまーす!」と言えばいいのに、言えない文化と習慣が日本にはあり、だらだらと値上げをする一方、極端な格安会社は悪いうわさや行政の監査が入り(脱税嫌疑など)、潰されていきます。そうすると、結局は高いコストを消費者は払うことになります。
ちなみに、値上げ理由は外部への責任転嫁ですので、この手法は2度の世界大戦のときやキムジョンイル君の国と同じなわけですが、悪いのは内部に癒着している方がいるからです。


もっと儲けろ!
そいつらを出し抜くヤツラも現れろ!
そして、もっと新しい価値観を生み出せ!


そう言いたいところですが、実は私は需要予測に深く関わる仕事をしており、やや我田引水な理論でもあります。

ps
先日のマクドナルドの地域別価格。原田CEOの元同僚が先日まで私の上司だったのですが、こちらもチャレンジを始めましたね。

あれも人件費などのコストを「言い訳」にしていましたが、需要の多いところはもっと儲けさせろ!需要の少ないところはあらゆるコンペティターを淘汰させろ!!という理論の言い訳です。
でもそうすることで、また新しい価値・イノベーションが生まれる(いや、生む義務がある)ので、良いことだと私は思うのです。
NEW TARGET1

FDのオイル交換の間に、セールスさんにオススメしていただきNEWデミオに試乗することになりました(私がまったくNEW TARGETでないことは明らかなのに、乗せてくださるセールスさんにはいつも感謝です)。

さて試乗車のデミオくん、最上級グレードらしく(確認してませんが)、スポーティです。目玉はアイシン製CVT 7速!!ななそくですよ。7速なんていつ使うんじゃ!?でも羨ましい・・・
NEW TARGET2

パッと見て「タイヤが薄い(扁平してる)」と思ったのですが、このグレードは195/45-16です。16インチかよ・・・スゴイですね。
NEW TARGET4

知らなかったのですが、いまどきのCVTにはクリープ現象があるんですね・・・でも、やっぱり原付みたいにエンジン回転と加速感が全く違うので「不思議な違和感」があります。でも不快ではありません。不思議なんです。スーっとクルマが前に進んで行く感じです。
マニュアルモードも楽しかったです。

乗って一番感じるのは、サイドガラスからの視界が大変広く、FDと正反対ですね。サイドミラー周りの視界がとにかく広いです。セールスさんから「このクルマは若い女性をターゲティングしています。ほら、ビルのガラスに自分自身が映るじゃないですか。服を買ってから、すぐに着て鏡の自分を確認するでしょ。あの効果をアピールするように言われています」なるほどです。

このクルマ、先日デパートでも展示してました(心斎橋そごう)。先代までのデミオと違い、購入対象を女性に絞りこんだんですね。
確かに、アルファロメオ的というか、ルノー的というか、サイドのラインや後ろの造形など、工夫がわかります。「割り切り感」がウケる世の中ですので、あえて実用性をやや削っても、スタイリングに気を遣ったのでしょう。

ただ、見ようによってはVITZをかなり参考してるのかなあ、とも思います。VITZをちょっと薄くした感じ。

室内の質感、とくにエアコンなどのパネル周りが、このクルマのクラスを感じさせます。改善が必要でしょうね。もうちょっとMINIなどをパクっても良さそうです(中途半端にパクっているように思いました)。
NEW TARGET3

リヤの隙き間具合から17インチや18インチを入れる人が出てきそうです。ちなみにドラムブレーキ・・・

今後はこれがレンタカーになるわけで、どこかに旅行したときにはデミオを使おうかと思います。
鈴鹿から帰ってきました(温泉で汗は流してきました)。
今日は本当に嬉しい、バイクファンには歴史的な1日だったと勝手に思っています。
2007 8耐 1コーナー

ヨシムラの8耐制覇。30回目の記念大会での優勝です。
今年はホンダ・ヤマハとヨシムラ(事実上のスズキワークス)だったのですが、特に決勝開始後の30分はシビれました。

レース内容はヨシムラの圧倒的な勝利でしたが、ヨシムラの歴史を知る者は、終盤になっても、ゴールするまでは信じられなかったはず。
2007花火1

今年は、2コーナー入り口のゼブラゾーンに座って花火を観ました。鈴鹿の本コースに寝そべったりして、花火を観る!サイコーです。
レミーのおいしいレストラン

「レミーのおいしいレストラン」観ました。
今回は字幕版。こだわったわけではなく、時間的に字幕版の上映のみだったので。

もちろん内容にコメントしませんが、良かったです。もう一度観たいです。
また観るなら吹替え版がいいですね。

ちなみに字幕だと、子供にはつらいというか、ムリだと思います。展開が速いのに、字幕が長い?とちょっと気になりました。英語がある程度分かる方には、字幕は見ない方がよいように思います。

日本名では「レミーのおいしいレストラン」ですが、オリジナル"RATATOUILLE" そしてサブに"rat-a-too-ee" 。これを先に知っておけば、ちょっと良かったかも。

今日行ったところは、時間帯が遅いからかお客さんがやや少なかったです。オススメなんですけどね。

ps1
pixarお決まりの短編映画が、今回も本編前にありました。面白い!あれがとにかく大好きで、いつか自宅に大画面テレビを買って、DVDを買って、美味しいお酒を飲みながら、じっくり観たいと思っています。

ps2
帰りにこんなものが・・・
toyota f1

ニコン7さんの仕業でしょうか?トヨタさんはやっぱりお金使ってますねえ。
現在、2002年製バイオR505というモデルを使用しています。
2003年にどうしても仕事でPCが必要になり、会社近くのソフマップに寄ると、在庫処分として積み上げられていました(約11万円・安かった)。

一時期 仕事で使うことがなくなり、自宅用になっていたのですが、昨年からまたフルに仕事用と化しており、でも以前と違いパワーポイントや尋常でない大きさのエクセルファイルを使うようになり、はたまた最近オフィス2007をインストールしたせいか、ちょっと限界かな・・・と思うようになりました。

また小さいとはいえ1900グラムもありますので、出張時に重いし、でもバッテリーの持ちは悪いし・・・です。

そこで新しくPCを購入することを決意しました。
http://www.vaio.sony.co.jp/Products/TZ1/
ちょっとミーハー度が高いし、パナソニックのレッツノートと迷うのですが、まあお遊び要素があったほうが良いだろう、と思いました。ドライブは外付けのものを持っているので、今回も光学系ドライブなし。その代わりHDD 160GB!!メモリ2GB!!(今は256MB)。
5年という月日は長かった・・・

8月上旬には届くそうです。like no other 嫌いじゃないんですよ・・・ソニーさん
VAIO T

今日、汐留に打ち合わせに行った際に、「レミーのおいしいレストラン」の販促用セットが置いてありました。28日から上映のPixarの新作映画ですね。

約5年前に、ある本でPixar創設者のインタビューを読んでから特にファンになりまして、毎回彼らの映画を楽しみにしています。

彼らの成功の鍵のひとつは、技術(グラフィック)と創造(クリエイター)との融合にあるのは明らかです。デジタルとアナログを高度にミックスさせた作品は、毎回私たちを楽しませてくれますが、どのように作品を完成させ、また新たな作品にチャレンジできるのか・・・もしかしたら酷評され、栄光は地に堕ちるかもしれないのに・・・

私の記憶ですので正確ではないかもしれませんが、ピクサーに入社すると、技術・クリエーター、プロ・初心者などに関わらず「ピクサー大学」と呼ばれるトレーニングを3ヶ月以上受けるそうです。

そこでは、毎日作品を創造することが求められ(もちろん1日で完成することはない)、その未完成の作品をみんなで批評するというプロセスにさらされます。世界的な権威に近い人も、駆け出しの初心者も、そこでは同様に第三者の意見を聞くことになり、それは恥ずかしさやムダなプライドを忘れ、仲間との建設的な関係を築き、非直感的な批評から学び取るトレーニングとなります。

そうして前向きで積極的な社風を形成していると・・・

技術・スキルをあるレベルで得ている者ほど「抵抗勢力」に必ずなり、今いる場所・方法を守ろうとするそうです。そしてそれは、環境の変化がなければ、より抵抗勢力を育てやすいそうです。

「自分は、そうはなりたくない」と思いつつ、非直感的な批評を受けているか、恥ずかしいという思いから意見を言うのを躊躇していないか、気になる日々でもあります。
ANA 空

ps
もちろん映画を観るときは、いちいち上記のようなことは一切考えていません。
週末は、台風や地震、深夜の大雨やらで大変でしたね。

私が今住んでいる近くには、長年の自然災害やあの大阪大空襲・戦災からも逃れ、古くからの町並みを残している地域があります。京都なんかと比べると、そこは大阪なだけに、汚なさ・暗さ・ヤバさ、どれも抜群です。

近所なのに滅多に散策しませんし、こんな週末で遠出したくないので、少し探検することにしました。

早速こんなものが置いてあります。
空堀にて


RED BULL

いろんな方面で目撃情報のあるレッドブルMINI。先日の7 MEETINGへの道中に私も出会うことができました。

レッドブルといえば、MOTO GPのヤマハチームへのスポンサードが私にとって最初の出会いでした。「清涼飲料のメーカー?日本にはないの?」というくらいの認識でした。

その後 F1にもスポンサーとして進出し、あの日本人にはワケの分からないCMで(しかも大量)、認知されるようになりましたね。

このMINIも、相当お金が掛かってそうです。
RED BULL

600 1

先月末まで約3ヶ月間、成田空港近くでのプロジェクトを終え、「さ、帰ろう」というときに、このレクサスが駐まっていました。

どうみても「カタギではないお兄ちゃん(運転手)」に、「これって・・・」と話しかけると、「そうっす。最新っす。千葉にはまだ2台だそうです」と実に誇らしげです。

サイドに「HYBRID」のステッカーが貼ってあったのには、ショボーンとさせられましたし(これはオーナーさんの趣味でしょうが)、LS600専用なのか「青いレクサスエンブレム」も特に自慢されるほどでもありません。

ただ私が注目するのは、このLEDライト。先ほどのお兄ちゃんに点灯してもらいましたが、カッコいいです。この造形、いいですねえ。これ、横からのラインもキレイです。
600 2

ソニーの最近のキャッチコピーというのでしょうか“like no other”とにかく「オイラはオリジナルだよ!」と言いたいようです。

ソニーがミノルタを吸収してαシリーズのデジタル一眼をスタートさせましたが、最近のCMをご覧になりましたでしょうか?

私はてっきりそのカメラCMのナレーションがこう言うのではないかと反応してしまいました。

「吸引力の変わらない、ただひとつのカメラ」

すんごくダイソン的なんですけど・・・like no other maybe・・・
「乗り間違えたので、ボク新幹線停めます、ママン」
季節の境目、特に春になるといろいろな方が出てくるのを実感するのですが、こんなこともあるんですね。

新幹線って止まるのに結構な電気を消費するハズです(緊急停止ですし)。点検や遅れなどでいくら請求されるのかわかりませんが、JR東海さんも警察に突き出してますので、「ウン百万円は請求じゃ!」なのでしょうか。

飛行機はさすがに乗り間違いなんてないでしょうが、クルマで高速道路を逆走して上がってこられるとマジで怖そうです。彼が運転免許を持っていると、ちょっと心配です。

春らしい景色といえば・・・
北海道 美瑛~富良野

【読売ニュースより】
28日午前8時10分ごろ、JR東海道新幹線の広島発東京行き上り「のぞみ62号」が、京都駅を出発直後に、「戸じめ表示灯」が消えたため、緊急停車した。
 車掌が車内を点検したところ、6号車内で、非常用のドアコックを操作していた客の男性(26)を発見した。約5分後に、安全が確認されたため、運転を再開するとともに、この客を、臨時停車した米原駅で降車させ、滋賀県警米原署に引き渡した。
 同署の調べに対し、男性は「九州方面に行くつもりだったが、乗り間違えてパニックになってしまった」と話しているという。
 JR東海によると、このトラブルで、「のぞみ62号」は岐阜羽島駅を11分遅れて通過した。約1000人の客が乗っていた。

2004北海道 屈斜路湖~ワインディング

どうもこの手の発表は「おっさんのダジャレ級のネタ」を連想してしまいます。

「会社とともに育とうとは考えず・・・」
どれほどの会社が「積極的に育てよう」としているかは分かりませんが、恐ろしいくらいにトレーニングを実施しない業界に私はいます。科学的に適性をみるなんてことは稀なわけです。スタッフ側は、「トレーニングして欲しい」とは異口同音に言いますが、内容を聞くと、「それは入社前に勉強してこいよ・・・社会人スクールじゃないよ」となることが極めて多いわけです。そして両者ともに「忙しくて・・・」と、育つことの目的にも現実にも目を向けないのです。

多くの管理職は「勘と経験と度胸orド根性」でそのポジションについていればまだマシで、「運、たまたまそこに居たから」な人も少なくありません。「見て覚えるんだ、盗むんだ」なんて職人チックな発言か、「俺たちの頃は・・・」なんて、団塊の方ですか?な発言もするわけです。

転職できないなんて、「よほど・・・」な状態なのです(くれぐれも私のいる業界の話ですよ)。
私は「同じポジションに長くいるヤツは既得権益を守るハイエナ」と信じています。真のハゲタカだと。

転職繰り返すと常に大きな期待値と評価にさらされることになり、「偽者は淘汰される」ことになります。より多くの投資を得る仕組みを持つ業界には優秀な人が多くなり、そうでない業界には偽者がはびこることになると思うのです。
優秀な方々により生産性が上がればその業界だけでなく、社会にも貢献できるわけで、「若い人材を育てようしない会社」が社会貢献することを考えているとは思えません(経営者の奴隷会社です)

なんだか長くなりましたが・・・転職することが正しい!と主張したいわけでは決してありません。ただ、技術を伝承してもらえる+新しい技術の開発を推奨する(←ある意味、伝承された技術を否定したり失敗を繰り返したりすることも許されることになります)、そんな環境で働いている方々が羨ましくなることがあるのです。

【NIKKEI NETより】今春の新入社員は入社後も転職先を物色し続ける――。社会経済生産性本部は26日、2007年度の新入社員を「デイトレーダー型」と命名し発表した。「会社とともに育とうとは考えず、常に良い仕事を求めて転職をもくろむ傾向が、ネットを駆使する個人投資家の意識に近い」という。
 同本部は、景気の回復で企業の採用意欲が高まっているだけに転職者が多くなると予想。一方でインターネットによる情報交換が活発になり「情報に踊らされない慎重さも必要で、1人前の働き手になるには時間がかかることも忘れないでほしい」と指摘する
久しぶりに訪れたタイヤ屋さんにパンクしたタイヤを持ち込むと、快く無料修理対応していただけました。内側からの修理だったので、少し時間が掛かるかな・・・と思いましたが10分ほどで「終わりました!」とのこと。

5センチはあろうかというタッピングビスが刺さっており、タイヤ屋さんもビックリです。
パンク修理1

さてテンパータイヤにより、ボディ同色ホイールでコーディネートされていますが、あまりカッコよいものではないですね。
パンク修理前

パンク修理後

「ホッ」としますね。しばらくは空気圧のチェックが必要ですが、まあ大丈夫でしょう。
プロドライブ 社屋

F1進出に加え、とうとうアストンマーティンまで手中に収めたプロドライブ。特にBTCCやWRCを制し、F1進出がウワサされ始めたときのことです。ある雑誌の記事に「カッコいいぜ!」と感激したことがあります。
誰が答えていたのか、COOなのかCEOなのかチェアマンなのか、忘れてしまいましたが、「レースに勝ち続け、次々にカテゴリーをステップしていく御社の成功の秘訣は?」というような問いに、答えていました。

十分に計画を練ることだ。
とにかく計画することに時間をかける、なぜなら私たちはプロフェッショナルだからだ。
そして着手したら、淡々と計画をこなすだけ。
それだけだ。


カッコいいよ、ママン・・・
六本木で「アフォか」と思われても「ここだ」と思ったら使っています。気持ちいいです。
prodrive btcc
今日は珍しく飛行機を使って出張です。伊丹空港から出たのですが、8時10分からの搭乗に備えて、ゲート付近で待っていました。

ちょうど目の前を、全日空のプロペラ機がブーンと飛び立ち、「プロペラ機は揺れるんやろなぁ。イヤやなぁ」と思ったものです。

その便、どうも高知空港で胴体着陸した模様です。
ANA機 伊丹で見た

前輪が出てこないトラブルということで、引っ張り出すために急旋回でGを掛けたり、タッチ&ゴーをしたということです。

「乗客は落ち着いていた」と記事にありますが、そりゃ着陸直後の取材でしょ?みんなカルーく興奮して、わかっていませんって。交通事故に「大丈夫です。大丈夫です」と言って、翌日マジで痛いというパターンでしょう。

乗り合わせた方々の心のキズになりませんように。
フォードがアストンマーティンの売却先を探していたことは、以前触れましたが、買収側が決まりましたね。

まさかあのprodriveとは・・・
正確には、アメリカや中東からの出資者を含む投資ファンドが購入したのですが、そのファンドの中心はprodriveの創設者のようです。

プロドライブといえば、アレです。次々にモータースポーツの各カテゴリー制覇し、来年からはF1にも参戦というとんでもないプロ集団のイメージです。

プロドライブの日本サイトは、まるで用品屋さんのようにショボく、日本車の部品ばかりなのですが、本家英国のprodrive.comは、ワクワクせざるを得ない内容なのです。そのプロドライブ、アストンマーティンでレース参戦するなんてスゲーなぁ(まあ、フェラーリも何台も走らせていますが・・・)と思っていましたが、とうとうメーカー丸ごとご購入です。

チョー過激な車が、アストンマーティンから出てきそうで楽しみです。
アストンマーチン 買収


USJ コースター2

(画像は先月のもの)
本日USJの新アトラクション初日だったと思いますが・・・あまりニュースになっていないような・・・USJのPRさん、もうちょっと頑張ったほうが良いと思いますが。

また、私は気になって仕方がないことがあります。
「気持ちいいが駆け抜ける」
新ジェットコースターのキャッチコピーのようですが、この「形容詞を名詞化したキャッチ」という手法が、どうも耳障りなのですね。もう「サブい・・・」わけです。
USJ コースター

大阪にあるからなのか、ユニバーサルはもともとその程度のセンスなのか分かりませんが、なんだか垢抜けない、「ほうぅ」とさせられることがなかなかないのがUSJ。

さて、いつ行こうか悩んでいます。
F1 2007ホンダニューカラー

先月ホンダの2007カラーが発表されましたね。インパクトがありました。

F1のカラーリングで私に最も大きなインパクトを与えたのは1986年のベネトンでした。その後もキレイなF1はありますが、今回のホンダも結構なインパクトです。

ただ、個人的には「ムリがある」と感じているのです。人工物のカタマリ、自然とは最も遠い存在でかつ最先端の象徴のF1に・・・バスのラッピング広告のようでもあり、なんとなく「広告デザイン」という意味でも美しさを感じないのですね。

ただ、myearthdream.comのような試みは面白いですし、今回のカラーリングも私がまだ追いついていけていないのかもしれません。

ps
myearthdream.comのサイト・・・やりすぎなくらいのフラッシュ。やや「イラッ」とします。
CX-7 関西マツダ 試乗車か?1

CX-7はデカいですね・・・
新居マンションの駐車場は、将来のことも考え高さが2メートル以上イケる区画を契約しようかと思いましたが、CX-7はその区画の幅ではアウトでした。高さだけでなく幅もダメ・・・都会では停める場所に困りそうなコイツは、私の愛車になる可能性が極めて低くなりました。

でも試乗くらいはしておきたい・・・
CX-7 関西マツダ 試乗車か?2

おそらく、このCX-7が試乗車なのだと思いますが、なかなか乗れるタイミングがあいません。私がOKでもクルマが試乗中であったり、その逆だったり・・・

CCさんの「エライ曲がりよる。やっぱマツダが作るクルマなだけあるわ」というインプレも聞いており、ちょっと期待しています。
CX-7 関西マツダ 試乗車か?3

レンタカーでラインナップされないかなぁ。
春一番のあとは快晴。2月とは思えないお天気です。
青空 2月15日

今日も東京ですが、こんな青空があるのかと、ちょっとビックリです。

さて、こんな日はお出かけしたいところですが、仕事をサボるわけにもいかず・・・本屋に資料を探しに行ったときに見つけてしまいました。
7magazine

セブンマガジン。33号にもなるんですねぇ。
6階施工状況・・・
6階施工状況

実はこの画像の最上階20階を購入したのです(東京まで最短90分か!?とにかく便利です)
でも来年2008年2月入居予定で契約したつもりが、入居開始時期が今年12月に変更になっているようです。節税するにはもってこい!ナイス!!よくやった!!!と思いますが、担当者から連絡は無し・・・

どういうこっちゃ。


とはいえ、「2月入居か。1年分税金勿体無いなぁ」と、セコいことを考えていたのは私だけではないのでしょう。金利上昇トレンドの現在、少しは急いだろか、減税対象にせな、、、なのかも知れません(実際 駆け込み需要を見込めるハズ)。

あと、販売担当者はしきりに2008年中の消費税アップ8~10%を言っていました。私は「絶対ない。2008年に法案可決後 最低1年の準備期間で2009年以降にアップだぁ!!」の攻防(現在は2008年中の消費税アップは不可能ですね)。そのお詫びか、工期を急がせた・・・(コレは無いな・・・)

まあ、とにかく今年12月には引越しの予定です。今の賃貸に引っ越して7年目、なんとなく惜しい気持ちです。高校を卒業して以来、こんなに1ヶ所に住み続けたことがなく、自分でも驚いています。
7年前、ベッドも家具もほとんど無く、いれておくモノがなく、空っぽの収納や押入れ・・・駐車場なんて全く考えていなかった・・・とにかく何もなかったあの日・・・

とにかく変化の連続、楽しく、悲しく、悔しく、感謝感謝の7年。
しばらくはノスタルジーな気分が続くのだと思います。

ps
今の賃貸に引越してから「酔っ払って記憶が無くなる」ようにもなりました。
なんど自転車でコケたことか。

 | HOME |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。