CLOUD SEVEN+

愛車FD3Sでの出来事や日々思うことを書き留めておこうと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日で今年の仕事納め・・・といっても1月1日は会社です。
でも2日から、実家・福岡へ帰り長崎方面へドライブの予定です。呼子でイカ食いたい!

高校時代は原チャリに燃えていたヤツらも、今ではクルマにすら興味のない・時間の割けない日々のようで、私が帰って久しぶりに「昔の血がたぎらせる」といきたいところです。

でも「そのうちポルシェ欲しい・・・」なんて本気で言う人、いないんですよねぇ。みんなあの熱意をどこに忘れてきたのでしょうか。

Do you have PASSION ?
スポンサーサイト
とうとう購入しました。DVDプレイヤー内臓防水TV(9インチ)です。クリスマス商戦ということで、44,800円で購入することができました。

発売が9月でしたので、迷いに迷っての購入です。まず、iPod nanoなどの別商品(クルマのHIDヘッドライトはいつも購入リストにノミネートされているのですが・・・)との競合でした。次に、同じカシオから発売されている「Xfer」と「お風呂テレビ+DVD」の競合です。

Xferは、会社の人が所有しておりその画像クオリティには安心できるところです。しかし、今回はアウトドアにも持ち出せること、Xferは10万円程度し「お風呂テレビ~」ですと、余ったお金でDVD+HDDレコーダー買えちゃうじゃんということで(買っていませんが)、「お風呂テレビ+DVD」に決定しました。

案の定、我が家のお風呂でのTVの映りは、カーTV以下の状況でしてストレスが溜まります。早くHDD+DVDレコーダーを導入しお風呂リビングを実現させたいです。音に関しては期待していませんでしたが、「イイ意味で期待を裏切る」ということもありません(汗 端子が1箇所に集中してなく、且つそれぞれに防水フタがあるので、忘れそうです・・・いつか水没させそうです。

ただ「お風呂でテレビ」っていいですね。レンタルDVD屋さんに行く機会が増えそうな予感です。
お風呂テレビ

ロゴ

一時期は「やべぇ・・・」な空気が漂っていましたが、スーパーアグリさん参戦するようですね。
先日、本屋さんで「レイトンハウス」の特集本がありました。あのレイトンブルーのマシンと、奇才ニューウェイによるペンシルノーズ(カペリ選手の手がフレームに当たるから、穴開けてカバーしたという逸話あり)が表紙が「ドカン」とあり、チーム誕生秘話から、初代のF3000に毛が生えたマシン、歴代の名車、そして寂しい結末まで書かれていました。当時はターボと自然吸気のエンジンが混走しており、メキシコGPなどの高地GPではレースになってなく、新規チームには特に大変な時期でしたね。

今も大変であることには変わりはないと思いますが、レイトン・カペリ選手が1ラップだけ鈴鹿でトップ通過したような伝説を期待したいものです。

ところで、アグリさん。ロゴが「のまたこ」を連想しますが・・・私がバカなんでしょうか?
ロゴ2

最近、お風呂グッズが少し増えましたので、少しインプレを。

以前、TV番組で「地球洗い隊」を衝動買いしました。バイオ微生物による洗剤。通常の洗剤は、溶剤の効果で汚れを取りますが、「汚れ」は汚れのままであり、それは下水を通過して別の場所に「汚れ」を移動させたにすぎない、、、地球洗い隊は、微生物の働きにより「汚れ」を分解してしまう、、、やっぱり胡散くさい・・・

ところで、この商品ですが、はっきり言って女性ウケは悪いのではないでしょうか。匂いがかなり強烈です。私は魚の腐った残飯臭を連想させ抵抗があります。ただし、お風呂前に湯船にスプレーしておき、入浴後に清掃する分には匂いません。でも、洗剤の効果もビミョーです。

あとバイオ微生物による洗剤ですので、「泡立ち」はありません。日本人として誰がなんと言おうと、どっかのネズミ講まがいのディストリビューターヤローがなんだかんだ言っても、「洗剤=泡・泡立ちが良い=よい洗剤じゃ」と信じていますので、バイオはチト寂しい・・・

使い方が悪いのだと思いますが、リピーターにはなれません・・・せめて匂いをなんとかして欲しいです。
地球洗い隊

なんじゃコレ??ではないでしょうか?

この外観はもちろん、その内装・・・センターコンソールの丸いのは何年か前に、私が衝撃を受けたBMW(グレード・車名わかりまへん)にヒントを得たのでしょうか。

このようなタイプのクルマに、私の人生のどのタイミングで乗ったら良いのか・良かったのか分かりませんが、縁がないことを残念に思います。まるで、好きなタイプの娘なんだけど告白するタイミングがない・お話する機会がない、そんな感じでしょうか。
bB1

Bクラスは、その昔トヨタ ゼロクラウンが展示されていた場所でプロモーションをしていました。が! 
6名ほどの若い兄ちゃんと姉ちゃんがポストカードを配っているだけで、クルマの回りにはロープが張られ、「室内見せろや」なんて言える雰囲気でもなく、何しに来たんだべ??でした。

おかげさまで、クルマからは何も感じることなく会社に戻れました。
妄想近未来シミュレーションでは、FD3SにSUV系のクルマの追加がしばらく流行っていました。SUVだけでなくミニバンにも視野を広げて検討をしていました。

一方で、チンクやオールドミニなどもセカンドカー候補に度々上がり悩みます。私の中のセカンドカーは、トラブっては困る実用車でなければならないのが問題なのです。

そこで急浮上してきたのが、BMW MINIです。実は、会社でMINIカブリオレに比較的自由に乗れる状況にあり、私の印象としては「退屈なくらいフツーなクルマ」だったのですが、それは「ファーストカー」としての評価でした。

トラブルは普通レベルで心配ないでしょう。屋根が開きますので、荷物は無限に載りますね(笑)。一応、大人4人も乗れますしオプションもたくさんあり、これはこれで楽しめそうです。比較的大きな犬も乗ってくれそうですね。それにオサレさんを楽しめそうです。

対応の悪さで有名なMINIディーラーに冷やかしに行ってみたいと思います。
MINI

私のいる業界では会社を移ることが日常的に行われています。
ボーナス時期には転職情報が溢れ、比較的職を選べる状況です。しかし業界的には「利益率・リターン」の少ない業界と言われており(実際にはそんなことはありません)、スタッフの給与も極めて低い水準にあります。

上記のようなことは、この職に就いたときには知っていましたので、何の抵抗もなく約2.5年に1度の割合で移籍してきました。おかげ様で、自分の希望の収入を確保できていますし、現在の職はイノベーティブ・ダイナミックな仕事をできる環境でもあります。

しかし現在、転職をまた検討しています。毎月のようにコンサルタントから電話があり、色々な仕事を紹介されるのですが、先月からそれはもう毎週のようになっています(現在ストーブリーグ中ということもあるでしょう)また、最近私も自分のライフスタイルの実現を強く意識するようになっています。

私の今後の希望+キャリアアップと先方の望むスキルがマッチし、同じゴールを目指せる方・企業がいないかと思っています。

そんなことで、ワクワクしている毎日ですが、加えて今日はクリスマス・イヴですね。早く仕事を終わらせて帰宅することにします。
気象庁が暖冬予報の手のひらを返して、「厳しい寒さ」に訂正したようです。
私的には先日の「誤発注」くらいの大きなミスと感じるのですが、その辺は「自然が相手だから・・・」と寛容に受け入れられるのでしょうか。

ある官庁管轄の施設が、当時日本に2機しかないパワーチェックを行うもの(通常のシャシダイとはモノが違います)を購入したという話を知人から聞いたことがあります。そのうちの1機はなんとNISMOが導入したばかりだったそうでして、もうそのアフォな購入ぶりに感服した覚えがあります(過剰投資にも程がありますね)

そんなこともあり、気象庁もおそらくアフォほど高いシステムを使っていることは容易に想像でき、そんなに金を注ぎ込んで「真逆予報かyo」となるわけです。

以前、こんなに予想を外しても「どんまい!」と寛大に受け止めてくれるボスが欲しいと記しましたが、やっぱりそんなボスはイヤですね。私は環境に影響されやすいので、すぐに堕落しそうです。

【時事通信】
「12月後半から寒気が緩み、東日本以西は暖冬傾向」とした12~2月の3カ月予報を「全国的に厳しい寒さになる」と変更。1985年~86年の冬以来の寒さと大雪になる可能性があるとした。
Bクラスが今週末 会社近くで展示されるようです。

どれほどの超B級なのか、確認に行きたいと思います。私はBクラスを買う気がゼロどころかマイナスなのですが、それでも「これもアリかな」という気にさせる・ライフスタイルの想像をさせるものがあるのか、勉強に行きたいと思うのです。

なぜドカが?
B


これが気になりますが、実際はこのような使い方はしませんね、たぶん。
B2


この程度なら、Bクラスを選ぶ理由はメルセデスということだけのような気がします。
B3

TDL

ディズニーが日本人に受け入れられるのってナゼなのでしょうね。

小学生の頃、ミッキーの形をしたアイスを父親がどこかで貰って来たのが、私にとって「ディズニー」を意識した最初だと思います。ディズニーランドなんて「そんな子供騙しみたいなとこ行きたくねぇぞ」とかそんな感じですね。

私が初めてTDLに訪れたのは30才の誕生日でして、特にミッキーの声にはかなり引きました・・・「こいつの声にみんな踊らされているのか??」TDSでは、ミニーも一緒にジェットスキーで暴れていますし、お山の上からは驚くほどの炎(熱を感じますよね?)を上げています。

いろんな企業の冠のついたアトラクションがありますね。なんとなくレストランもアトラクションも「キリン」さんのところには縁が無いようです。

最近は毎年行くようになってしまいました・・・
やはり気象庁の「長期予報・今年は暖冬」は信用できなかったですね。

寒波がやってくる予報を見て、「やべぇ・・・」とは思いつつ、先週末は東京へ(一部 軽井沢あり)クルマでお出かけしてきました。東京までも事故があり渋滞があったのですが、帰りの首都高速は酷かったです。東京料金所までに3件・・・ディズニーを出てから東京を抜けるのに、1時間以上も掛かるとは思いませんでした。

その後、東名高速道のトラックの多さに辟易としながら静岡を抜け、伊勢湾岸道まで3時間程度。名神高速道が雪のため通行止めになっており、通行量は多かったのですが、伊勢湾岸道は凄くイイ道でして「すばらすぃ~」と感じざるを得ません。某氏に「300キロはイケるぜ」言われたのですが、確かに100キロだとクルマが進んでいないような感覚になります。

四日市からの名阪国道でまたもや14キロの渋滞・・・睡魔が襲ってきて、途中で寝てました。

東京までクルマで行くのは、しばらくヤメときます(苦笑
今日はTDSでした。寒い・・・1℃だったそうです・・・

ディズニーのスタッフは本当に気持ちのいい人が多く関心します。職業病は発症すること無く、安心して楽しめます。
TDS

それは突然の出会いでした。会社の帰りに見つけてしまったのです。耳そうじサロン・・・自宅からチャリ1分圏内(立ちこぎ要!)

耳かきマニアさんはかなりいらっしゃるようでして、耳かきのサイトもかなりあります。私も耳かきを数種類所有しています。しかし、自分で耳かきをするにも限界があり、満足は得られません。キリがないのです。「あぁ~かゆ~」不快というか満足できないというか、とにかくキリがないですよね?

いつの頃から、「耳かき屋さんに行ってみたい」は私のミッションになっており、コミットメントとなっていました。

自分へのクリスマスプレゼントの最有力です・・・
NHKのプロジェクトXは好きな番組です。実は職場にてDVDを揃える機会がありまして(どんな機会だ・・・でも本当です)、プロジェクトXのDVDを無理やり購入してもらいました。

今晩、ロータリーエンジン(レネシス)がまた取り上げられました。そして次回プロジェクトXは終了します。途中、この番組は「捏造・過剰演出」など問題になってしまい、寿命を縮めてしまったと思います。残念です。でもまたロータリーエンジン・・・偶然とはいえ、嬉しい演出です。

ロータリーエンジンが取り上げられるのは2回目です。ロータリーエンジンの発想はドイツ人ですが、実現させたのは間違いなく日本ですね。私たち日本には誇るべき技術が過去からたくさんありますが、特に太平洋戦争以来たくさんの技術を自ら否定・見逃してきた歴史があります。でも政治的なものではなく、「技術」として見直し、世界に向けてウンチクを講じるべきではないでしょうか。

私たちの技術は韓国やシンガポールやタイにはありません。逆に彼らも、私たち日本に無い技術を持っているのです。その技術をもって自慢し合いリスペクトしあい、そしてお互いの技術を楽しむ・・・そんな時代が来て欲しいと心から思います。

マツダの技術者のストーリーは、外資系の会社ではよくあることです(はっきり言って違法行為をしないと状況を変えられませんね)。でも彼らのコミットメント・パッションには共感できます。どこぞの姑息なブランド名をつけて、アフォみたいな研修をしに来た人たちには共感はできませんし、フランス人のカリスマだけが先行し魅力的な車を作れない会社の製品なんてお金を出せません。もっと「心に訴えるモンだせや」と思うのです。

今後も彼らのストーリーが続くか分かりませんが、「素晴らしい日本の誇る製品」にお金を使いたいと、改めて思う番組でした。
会社のシステムがダウンしています。

仕方がないので「人間用 賞味期限チェッカー」でもやってみました。

「まぁまぁ、いいほう」だそうです。
ルミナリエ

今年も行ってきました、神戸ルミナリエ。

一応、私も阪神大震災の被災者です。前日の新神戸オリエンタルホテルで婚礼・披露宴でのサービスのアルバイトで中華料理の披露宴だったこと(比較的珍しい披露宴ですよね。あの時の新郎新婦・ご両家は無事だったでしょうか)、風邪を引いていて(40℃以上の熱があった)、風呂のお湯を入れた後、入るのを諦めて寝たこと(翌日からの断水の中、まさに命の水になりました)、親しい人たちにアルバイトの帰りにホテルから送ってもらったこと・・・震災前日の記憶からすごくはっきりと覚えています。

とりあえず、九州・福岡に帰るため西明石まで行ったことや、福岡からすぐに戻ってきて須磨の離宮公園などで散歩したこと(板宿という地下鉄の駅まで開通していたのですが、板宿から少し海岸方面へ行くと壊滅状態で、花のお供えが沢山されていました。記憶に焼きついています。須磨海岸の時計も発生時刻で止まったままでした)など、沢山のことを思い出します。

来月17日ではシンドすぎるので、ルミナリエだと少しだけホッとします。続けて欲しいイベントですね。
慣らし運転3000キロ終了記念にマフラー交換を行いました。

条件は、
「材質はステンレス(チタンがいいんですが)」
「ストレート構造(交換するなら当然でしょ)」
「軽量(純正からだと普通軽くなります)」
「アグレッシブな斜めカチ上げ砲弾スタイル(ミーハーですかね)」
「太ければ太いほどエライ(見栄っぱりなので)」
「5万円まででお願いします・・・(涙)」
当然、音量はそれなりになるでしょう。触媒後の交換だけですので性能うんぬんより、カッコを重視です。

でも近年の規制緩和とかで、ワケのわからんブランドのマフラーは氾濫しています。しっかりした製品にしかお金は出したくないですね。鉄パイプを曲げればハイ、マフラーで数万円も出せません。作り込まれたFD3Sに装着するには失礼です。

予算の要素がかなり大きく作用し、フジツボの「パワーゲッター」に決定しました。数々のOEMを供給しているメーカーですし、過去にみた製品も上質です。フジツボ製品の音質でイヤな印象だったものは記憶にありません。事前に現物確認していませんが、とりあえず私の条件にピッタリです。通販で4万円もしなかったと思います。

モノは通販で2日で届きました。交換はジャッキアップからジャッキを外すまで1時間弱です。マフラーハンガー(ゴム)の片方が非常に外しにくいですが、FDは車体側のマフラーハンガーステーがすぐに外せます。右のリアフェンダー下から手を入れて、ボルト2本で外せます。このステーをまず外してから作業すると本当に短時間で楽にマフラー交換できます。

●重たい純正に対し、パワーゲッターは非常に軽いです(純正:16.3キロ、パワーゲッター:7.3キロ フジツボカタログより)体感できるのは、自分で交換するときだけですが・・・
●見た目は文句ありません。砲弾型のタイコも非常にキレイな仕上がりで、掃除し甲斐があるというものです。
●音は・・・車内からですと、すこし拍子抜けなくらい音量がありません。音質は当然低いです(3千回転超あたりの少しこもる音が気になります)が、4千回転からの音は気持ちイイです。でも車外で聞くと結構な音量のようです。静かな住宅地だと迷惑でしょう。また、始動後などは特にアフターファイヤーを頻発し、運転している自分がビビることもあります。
●パワー感は音の演出を差し引いても、明らかにパワーアップしています。ブーストが上がった分、加速はするどくなりました。太いマフラーに交換したときによく言われる「低回転でのトルク減少」は体感できません(このトルク減少って経験したことがない。私の中ではガセネタです)ホントにフル加速したときには1キロを大きく超えてブーストが上がりますので、ちょっと危険です。(ECUノーマル、後付けブーストコントローラー未装着のため)

パワーゲッターですが、回せば回すほど楽しい良いマフラーだと思います。しかし、3千回転あたりの音への不満と砲弾型スタイルへの飽きのため、2年弱の使用で交換しました。でもまた使ってみたいマフラーでもあります。
誤入力です。損失は300億円とも400億円近いとも言われていますね。

マスコミではまさに「他人の不幸」です。担当者はいまどんな気持ちでしょうか。間違いなく現場はパニックに陥ったと思います。システムも思うように動作しなかったようですが、パニックによるものかシステム設定のミスかも定かではありません。でも結果として会社の1年分の利益が消えてしまいました・・・私も仕事で、1日最低何十件、100件以上の金額を入力します。マーケットボリュームがまるで違いますが、このようなミスの危機は常にあります。

恐らく16分で何人もの億万長者が生まれたと思いますが、非常に胸が痛くなる事件でもあります・・・

【産経新聞】16分で損失270億
クリスマスシーズンですね。このころになると「女性に贈るプレゼントの平均額」だの「クリスマスにかける費用」だのマスコミで報道されます。

ところで「賢者の贈り物」というお話をご存知でしょうか。

こんな素敵な贈り物をしたことはまだありません。いつかこの人たちのようになれるでしょうか・・・見た目・ブランドや金額などばかりを気にして大切なものを見失っているような気がしてならないのです。
部屋にカレンダーなんて、もう何年も置いていません。FD3Sの最終モデル スピリットRのときのポスターをいつか飾ろうと思っていますが、放置状態です・・・

フェラーリのカレンダーはさすがに立派ですね。マツダもノスタルジックなカレンダーを出して欲しいです。
とりあえずFD3Sに乗る際に最初に行う定番は、水温計とブースト計の追加だと言われています。水温計はファンコントローラー装着により実現されていますので、ブースト計を追加することにしました。

FD3Sを購入前は、エアコンの操作部を移動させメーター2個を埋め込むことを考えていたのですが、私のタイプRバサーストRにはマツダスピード製カーボン調のメーターパネルが装着されており、切ったり削ったりする勇気はありません・・・・いろいろ言われていますが、トラストのピラーメーターパネルを採用することにしました。

2連のメーターパネルですので、ブースト計とあと1個メーターを選びます。なんでもよかったのですが、動きのあるメーターが欲しかったので、油圧計にしました。

ちょうど日本精機デフィよりBFシリーズが発売となり、即決しました。レガシィB4のメーターに同様の機能が採用されており、B4のCMでも大々的に紹介されていました。そのオープニング(キーをONにした際です)やエンディングの演出は、約4年経った今でもワクワクさせるものです。メーター性能に関しては、日本精機製であれば信頼性は十分です。

右足前にBF用のコントローラーと設置、ピラーの下側にブースト計、上側に油圧計をセットしました。ブースト計の圧力センサーは定番熊の手から。油圧センサーは5型以降廃止になった純正の油圧センサー穴をそのまま使用。センサーにはネジ部にきちんとシールを巻いてから装着しますが、オイルのあるところですので締め付けトルクが難しいですね。

ピラーメーターパネルはカッコいいと思うのです。しかし「いろいろ言われているとおり」右コーナーでの視界が最悪です。現在、シート交換しており特にピラーメーターが邪魔です。

メーターのマウント位置に関しては、近々改善したい箇所Top3に入っています。
私のFD3Sは、タイプRグレードですので、純正ホイール・タイヤのサイズは、225/50-16です。

FD3S専用設計と謳うポテンザは、ロードノイズが酷く、16インチかと思うほど乗り心地も悪く、グリップは高いと言えないどころか「大丈夫かコレ?」程度です。タイヤだけの問題かどうか悩みましたが、交差点で停止する際のハンドルのブレは尋常ではありませんでした(交差点前は路面が荒れていることが多く、轍が酷いものです。しかし速度も停止直前の超低速ですので、普通ハンドルを激しく取られたりしません)。

タイヤとホイールは、クルマの性能に非常に大きな影響を及ぼすパーツですが、見た目のカッコにも同じくらい影響があります。予算の都合もあるので、とりあえず「見た目」だけでも満足することを優先しました。昔乗っていたクルマに、17インチはデカ過ぎると言われていましたが装着してみました。その性能は16インチなんて・・・と感じさせられるものでした。それから10年経った今回は、迷わず18インチです。

まず、ヤフオクで購入したOZホイール18インチは、大変重く、しかもホイール修正したことが素人でも分かるようなモノでした。やっぱり中古ホイールはシンドいので、新品ホイールに新品タイヤを購入することにしました。
OZレーシング


フロントはフェンダーへの接触をなるべく避けるためのサイズを選択。リアはギリギリまでトライします。前後、フェンダーつめ折り加工なしではツライチにはなりませんが、保管方法の都合もあり(立体駐車場なので、幅がすでにギリギリです)問題ありません。

選択したメーカー・サイズは以下の通りです。
ホイール・アルジェノン インテレッセ 18インチ
F:8J +35 /R:10J +44
タイヤ・ブリヂストン ポテンザ G3
F:225/40-18/R:255/35-18

フロントはビックキャリパー対応のホイールを選択したので、ディスク部がかなり出ています(いつか大きなキャリパーを装着したいものです)。リアは、5ミリのスペーサーを噛ましていますので、FDは10Jでオフセット+40でも問題ないですね。10Jと255サイズの組み合わせは引っ張り気味も上品で、非常に気に入っています。

ちまみにG3は、新製品+タイヤを生産した月(できたてホヤホヤ)のものということもありますが、純正ポテンザよりもすべてにおいて上回っていました。2インチアップしたのですが、逆に乗り心地もよくなり、轍も拾いません。交差点前の悩みも皆無となり、ロードノイズは激減しました。グリップ力もまずまずです。

弱点は、G3は雨に弱いようです。軽いクルマに太いタイヤですので、ハイドロの起きやすい条件になったとはいえ、不安になることが多くありました。一度、舞鶴自動車道で雨に降られたとき、全く安定感を失ってしまいました。まるでボーリングの玉のようにクルマがすべり続け、ヒヤリとしました・・・
また、ホイールは3ピース・鋳造タイプですので、決して軽くありません。街乗りでは、ギャップでの収まりが悪いです。少しスピードが乗った状態でギャップを超えると、純正サスでは押さえ込めず、だらしなく底付きして車が跳ねます。これは、街乗り志向の車高調サスにしただけで解決しました。
道後温泉

インテレッセの適当な画像が迷子なので、道後温泉前の写真で代用です。ところで、歴史のある日本の建物には、スポーツカーが大変よく似合うと思いませんか?
私のクルマは黄色です。数年後に色褪せてくることが心配でなりません。特にバンパーやミラー、リアウィングは、退色のスピードが速いです。

敵は「紫外線」ですね。イエローに限らずソリッドカラーのクルマに乗るなら、絶対に屋根付きガレージを確保します。ボディのお手入れは最小限です。

私は「なるべく洗車しない(こすらない)」派です。ほとんどの塗装は劣化する一方で、改善することはないはずです。ユーザーは、キレイな塗装をいかに長続きさせるかということしかできないと思うのです。設備も道具もスキルも不十分な私が、塗装を擦るなんてリスクが高すぎます。そのためにワックスは年に2回までとしています(できればコーティングを信頼できるプロに頼んでみたい・・・)

年に2回(春と秋)しかワックスをかけていませんので、購入してから4年経っても8回しかワックス掛けしていない計算ですね。私にとってワックス掛けは非常にリスクの高いものですので、「良質のワックス」「拭き取りが良好」の2点でワックス選びをします。

最初は「紫外線」を意識して「シュアラスター サンシャインUV」です。
1年後に購入したのは、同じくシュアの「マンハッタン ゴールド」。
2年後には、コーティングを試したくなり「太陽ポリマー」
2年半後には「ザイモール イタル」とうとうザイモールへ・・・

1回のワックス掛けに2度塗りすることが多いのですが、当然ワックスを使い切ったことがありません・・・古くなったワックスをムリに使おうとも思わないのも原因ですね。

それぞれのワックスのインプレは別の機会に。
御堂筋1

4日(日)は、京都にある高雄・嵐山パークウェイへ「From Seven」という、クルマのイベントへいってきました。さすがに今シーズン一番の寒気と冷たい雨により参加台数は限られ、エンスーの中のエンスーのみが集まったようです。(画像はそのうちアップしたいと思います)

少し京都でのお天気が残念だったのですが、一気に寒くなったおかげで、地元御堂筋の銀杏がスゴイことになっています。黄色のクルマには楽しい一瞬の季節です。
御堂筋2


御堂筋3

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。