CLOUD SEVEN+

愛車FD3Sでの出来事や日々思うことを書き留めておこうと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
帰宅してTVを見ると、また「団塊世代の退職問題系」の番組をしています。ちなみに私は団塊二世世代です(親は団塊世代ではありませんが、末っ子ゆえに、第二次ベビーブームに飲み込まれてしまいました)

ところで、団塊世代の退職による一部の技術継承問題などはあると思いますが、本当に「労働力不足」になるのでしょうか・・・私の知る限り、55歳を超えてバリバリ仕事のできる人は極めて限られており、そのような方は「退職」という空気も感じません。

私の知る多くの団塊世代の方々は、社内ではすでに半分リタイヤしており、変に刺激しなければ業務に支障はありません。居ようが居まいが、業務は進んでいきます。彼らがいて助かることは、同じ団塊世代の業者や官庁などへの知り合いがいるので、紹介してもらえることです(消防や警察関係はこのコネが非常に重要です)でも、その窓口もあと数年で無くなりますので、彼らの「世代=コネ」という役割はなくなります。

生産性の極めて低く、その割りにプライドは人一倍で、しかも競争心が高い方々・・・そして言われたこと以外はしない主体性の低い方々が多く感じます。

もちろんパイが大きいので、いろいろなタイプの方々が多いのだと思いますし、極めて優秀で尊敬に値する方々も非常に多いです。ただしそのような方は「労働力」ではなく知的財産に近いですね。定年という年齢になっても関係なさそうです。

非常に厳しいかもしれませんが、単に労働している団塊世代の人たちは、賃金・人件費見直しをする良い機会だと思うのです。そして同じ状況またはもっと厳しい状況が、20年後に私たち団塊二世世代には待っています。
スポンサーサイト
なんということでしょう、日本人の8割は「耳垢がでない突然変異」な人種のようです。耳垢とは本来は湿っているもので、乾いているのは単に皮膚が剥がれたものであり、耳垢ではないという耳垢定義にもビックリです。残念ということになるのか分かりませんが、私もこの耳垢を生産できない8割に分類されています。

北東アジア人は、何故耳垢が出なくなったんですかね。突然変異だからだよっていう答えじゃなく、進化論とかと合わせてストーリーにして欲しいものです。

(共同通信より)
乾燥したタイプと湿ったタイプの2つがある人の耳あか。どちらのタイプになるかは、遺伝情報を担うDNAの塩基配列の、たった1カ所の違いで決まることを新川詔夫長崎大教授(分子医療)らが明らかにし、29日付の米科学誌ネイチャージェネティクス電子版に発表した。
実は、耳あかは本来湿っているもので、乾燥したタイプは耳あかではなく、単に皮膚がはがれたもの。乾燥タイプの人は耳あかが出ない“突然変異”で、日本人は約8割がこのタイプだという。
新川教授らは、日本人126人の塩基配列を調べた。その結果、ある1カ所の塩基が変異した遺伝子を両親双方から受け継いだ人は「ABCC11」というタンパク質が合成されず、耳あかが出ないことを突き止めた。
さらに、世界の33民族、計約3200人について調べたところ、耳あかの出ない人は日本を含む北東アジアに多く、南方や欧米、アフリカに行くにしたがい徐々に減ることも判明した。
スターフライヤー

福岡の実家近くには航空自衛隊基地があり、それはもう轟音爆音で離発着する戦闘機を日常見ることができました(明らかにスクランブルというのも頻繁にあります。基地近くだと夜中に轟音がしてます)

そんな環境でしたので飛行機をわざわざ見にいくなんて、あまり興味無かったのです。しかしある日誘われて、伊丹や関空でジャンボを見ていると少しストレス解消になるというか、爽快な気分になることに気が付きました。

伊丹は「手が届きそう」なほど、真上を通過するのを見ることができる場所がありますし、関空はFedExなどの貨物便も含めて機体のバリエーションが豊富です。

(やっと本題ですが)この機体・・・スターフライヤー(羽田ー新北九州間 3月就航)の機体だそうで、内装も黒くコーディネートされています。思わず「おっ」と言ってしまいました。おそらくクルーのユニホームも相当デザインされてくるでしょう。これほどコンセプトを明確にした航空会社も珍しく、今後のマーケティング展開に興味津々です。

実は新北九州空港は、実家に一番近い空港でして、もし東京方面に住むことがあれば、この飛行機を利用することもあると思います。
えらい複雑な形で、ゴテゴテしてるんですね。カッコいいと感じませんが、速いクルマは美しいともイイますし、私のセンスがないのか悩むところです。(レスポンスより)
F1

マルチリフレクタタイプのヘッドライトレンズとHIDがセットになっている商品に興味津々なのですが、HIDメーカーを販売者へ確認しました。すると、BJユニオン社と同内容のオリジナルブランドとのこと。

これはもう購入です♪しかし今月は宅急便すら受け取れそうにないほど忙しいのです。2月になると時間が有り余るほどありますので、早々に購入したいと思います。
HIDキット

突然ですが、野球ネタです。私はプロ野球よりも高校野球に大変興味があり、関西に住む今は、毎夏必ず甲子園に足を運びます。

しかしアマチュアとプロフェッショナルな野球には歴然とした差があり、日本で最も人気の高いスポーツの一つである野球は、競争原理も働き、それはもう高次元でのプレーを見せてくれます。
では、なぜ高校野球かというと、その「必死さ」がアツくさせてくれます。勝利へのコミットメントは、プロの比ではないと思うのです。

ホークスの城島さんは素晴らしい選手ですが、ポジションがキャッチャーですのでメジャー・マリナーズ入りには少々懐疑的でした。コミュニケーションに難があるのは明白です。彼は確か長崎出身、大分・別府の高校から当時ダイエーホークスですので、英語なんてしゃべったことないはずです。

それがあの入団会見。ヒヤリングの問題はあるかもしれませんが、外国人には「自分の言いたいことを伝える」ことが最も重要です。やはり一流なプロは、一流なプロへのプロセス・習慣を身に付けてるのでしょう。数ヶ月で十分な英会話をこなしそうですね。

プロフェッショナルな人の資質を感じさせるとともに、そのパッションに感嘆させられます。
i

企業のコンプライアンス以前のモラル的な話題には、「三菱自動車」さんは外せませんね。(直接的には)誰も殺して無くても、堀江氏のように拘置され会社はお亡くなりの方向へまっしぐらなのに、ルールを作る側に一度でも立った企業の歴史の強みか、まだクルマを作ることを認可されています>三菱自動車

その一時代前を思わせるネーミング「i アイ」、リアミッドシップ(軽バンか?サンバーとかだったかな)で革命だぁとおっしゃるお偉いさん、「未来型スモール」というキャッチ(過去は忘れて、み、み、未来ですか・・・)

正直、このクルマがミツビシでなければ、「お、オモロイ車作ったやん♪」と見に行きたいのですが・・・もちろんリアミッドシップとはいえ、チョー安定方向へセッティングされていると思いますが、是非雨の日にスピンしまくる女の子を見てみたい気もします。
正月に実家に帰った際、居間には50インチのプラズマTVがあり、その隣の部屋には36型のブラウン管TVがあり、離れの部屋には・・・一体何台テレビを買うのですか、父ちゃん?(実家には定年退職した父と母と兄の3人しかいません)

恐らく昔からの付き合いであるパナショップの方から購入したのだと思います。そんな関係もあって私の家はもっぱら松下派であり、ソニー大好きなのは私だけです(パナソニックもテクニクスも好きでしたけど)。

ところで昨年末からの石油温風機回収の件です。年末にはかなりのTV CM量で告知していましたし、パナショップも一斉に回収にあたっているそうです。量販店での購入分も含めて回収に努めているようで、人命に関わることとはいえ、その企業姿勢に頭が下がります。先日、私もメーターの不具合品の保証を受けることになったのですが、その対応プロセスは偶然にもよく似ており、危機管理プロセスで松下を参考にしたのかもしれません。

人命に関わる事故の恐れがあるクルマを作っても、、、金額の大小ではないと思うのですが、このような対応ができないメーカーはまだまだありますね。

FD専用 リフレクターレンズ

久しぶりにヤフオクにて、「FD3S」の検索70ページ以上を全チェックしました(ヒマではないのですが、ストレスの裏返しかもしれません 笑)そして、そこで見つけてしまいました(もう皆さんご存知かもしれませんが・・・)

FD3Sは「高級車」なためか「バブルカー」なためか、ヘッドライトレンズはFD3S専用となっており、他車のように汎用部品を導入するには、かなり加工が必要+隙間などが発生してしまいます。クリアレンズにマルチリフレクターなアフターパーツはほとんど諦めており、HIDを導入した際の効果も限定的かと思っていました。

そこにコイツの登場です。HIDとのセットはかなり安く、HIDがどこの製品なのか興味津々です。大事を取って、このレンズのみとBJユニオンの組合せにしても、9万円弱で収まりそうです。

昨晩も我がFDのライトは点いているのか?な場面があり(私は視力がかなり低下しています)、光量アップは必須です。一気にHID導入が近付いている気がします。
ロータス ヨーロッパ 2

(画像はレスポンスより)
昨年暮れからロータス ヨーロッパ復活のニュースがあり、「そりゃ期待しないわけにいかねぇ」でした。なんせあの低いスタイルと独特の雰囲気。あれこそが私にとっての「ロータス」なのです。エラン派の方もいらっしゃるでしょうが、プラモデルやポスター・ヨーロッパの持つウンチクの影響が強く(漫画は世代が違います)、ヨーロッパ カッコいいぜ!な私です。

ところが・・・本当ですか?これがヨーロッパなのですか?失礼ながら、ホンダ インテグラの記事だとばかり思いこんでいて、まさかヨーロッパとは思いませんでした。エリーゼ以降、デザインが廃れていっているような気がしていましたが、ココまで来ていたとは。
ロータス ヨーロッパ 3

なんと、たまたま訪れた日本精機さんのHPで告知がありました。DefiのBFシリーズの初期ロットに不具合があり、自主回収をしているというのです。知らなかった・・・

私のはモロに初期ロットでした。早速今週末に取り外し、メーカーに送付します。新品交換またはメーター1台当たり2万円で引取るらしいので、遠慮なく引き取っていただこうと思います。

本当に偶然ですが、ピラーメーターパネルを改善したかったところですので、これを機に追加メーター配置を変更しようと思います。

日本精機Defi
RE雨宮 エアロ

2006東京オートサロンでのRE雨宮の新エアロです(レスポンスより)
フロント側は、過去のエアロに997のライトを使用した感じでしたので、新鮮さは感じなかったのですが、リア側は面白い造形です。

私はあまりモチーフ化されているデザイン(ロータリーの三角)を好みません。ということもあり、あらゆる箇所に△デザインを用いているRX-8は、幼稚に感じてしまうのです。
ただ、RE雨宮のこのデザインは興味を惹きます。マフラーが専用になり、その取り回しは決して機能美ではありませんが、エアロデザインはカッコよいです。もう少しディフューザーをF1のフロントウィングのように横方向に張ると、非常に好みになります。

ちなみに私はこちらのエアロが今でも好きです。あぁ、もう一台FDを持てるほどカネとヒマと車庫があったら、こいつを買うのに・・・
RE雨宮 エアロ 2

お正月休み後、いろいろなことが同時進行してパンクしていました。まだ落ち着く気配はありませんが、スピードに慣れてきたのでボチボチBlogも再開していこうと思います。

マツダのMINE買収が発表されましたね。レースの開催は予定していないというか、「儲からないことは計画しない」ということでしょう。当たりまえだと思います。テストコースとして使用するなら、平日の一般人の入場規制すらありそうです。

昔、MINEサーキットを2輪で走っていたせいか、MINEの話題には関心が向きます。でも、開放されたサーキットでなくなる可能性があるのは残念に思います。

【asahi.comより】
マツダ(広島県府中町)は17日、大手玩具メーカー・タカラ(東京)の子会社が運営からの撤退を決めた山口県美祢市の自動車レース場「MINEサーキット」を買収すると発表した。開発車の性能テストコースなどとして使い、マツダが広島県三次市に持つ試験場の補完的な開発拠点と位置付ける。レースの開催は想定していないという。
miura

最近ガヤルドを見ることが多くなり、ランボルギーニもフツーに乗れるクルマになりつつあるのかなと思っているところにコイツです。ミウラの復刻バージョン・・・

フォードGT40も好きなクルマなのですが、全く同じプロセス・コンセプトの元にこのミウラも製造されそうです。また、オリジナルのミウラ設計時にすでにルマンで活躍していたフォードGTがターゲットとしてあったようです。私自身のクルマへの嗜好が、どの時代のどのような背景に影響されて形成されたのか、少しヒントが出てきたようで嬉しいです。

もちろん買える金額ではないのは分かりきっていますが、GT40のようにダミーな部分があっては台無しです。是非、虚飾のない芸術品を生み出して欲しいです。また、そのスタイルからして、黄色が似合うことは間違いないでしょう。
ドライバーシート

まだ記事にしていないのはレカロシートくらいでしょうか。

・この画像からも分かりますが、ピラーメーターはダメですね。早くカイゼンしたいです。
・右下にはドリンクホルダーがあり右足に干渉しそうですが、特に邪魔にはなりません。
・左側のナビは2台目でして、タッチパネルの2DINのカロナビです。夜間は問題ないですが、昼間はハッキリ言って使い物になりません。こんなに下の位置に装着されているのに画面への写りこみが激しく、実用に耐えません。これを製品化すること自体、メーカーの良心を疑います。
・ハンドルはカーボンカバーのところを握っていることが多いです。最近ではグローブ無しでは運転したくないです。それほどグローブは効果があります。

このFDは極力オリジナルの雰囲気を守りたいと思っています。ですのでピラーメーターは早く外したい・・・
柚子

早いもので2日から1週間の正月休みは本日で終了です。でも充実した休日でした。

実家のある福岡や友人宅の長崎・大村、昔から一度乗りたかった新門司~大阪南港間の名門大洋フェリー、DVDを一気に5本借りてお風呂でも鑑賞できました。欲を言えば、本をもっと読みたかった(フェリーで読む予定だったのですが、爆睡してしまいました)

画像は自分へのお土産です。この寒さの中でも実家には色々な実が生っている木が沢山あります。私にはあまりよくわからんものが多いので、柚子だけを貰いました。半分に切り、ウォッカ(もちろんロック)に垂らしながら飲むと、もう止まりません!ヘタすると意識を失いそうになります。

柚子の向こう側には宮崎の誇る麦焼酎「百年の孤独」です。皇太子がお気に入りだとかで有名らしく、2500円程度の定価らしいのですが、10,000円近くで販売されるようです。しかし・・・宮崎出身の友人奥様より頂戴しました(感謝!)彼らはあまりお気に入りではないようですが、、、本当に美味いです。樽の香りがほどよく焼酎の香りと絡み合って「うむむ」となります。決してウィスキーなどと比べてはいけませんが。

しばらくは充実の晩酌となりそうです♪
ダッシュ村のわんこ

おめでとうございます。
今年はどんなことがあるのか、近年になくワクワクしています。

私にとって「変化し続けることが、変わらないこと」を非常に大切なことだと位置付けていますので、今年も変化させていきたいと思います。

ちなみに今日は仕事ですが、明日から1週間はお休みです。久しぶりの九州までのロングドライブが楽しみです。また、溜めている記事用にFD画像を撮ってアップしていきたいと思います。

どうか今年もよろしくお願いしますとともに、皆様にとっても良い年になりますように。

ps
画像は「DASH村」の北登・ホクトです。以前実家で飼っていたシバがそっくりだったので、ホクトは私にとって特に好きなキャラです。ホクトのように口を開けて舌を出しているときに「おりゃ」と舌を掴むと、「ヘ???」な表情をしてくれます。犬はまちがいなく「性善説」だと思います。
ホクト2
ホクト3
ホクト4

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。