CLOUD SEVEN+

愛車FD3Sでの出来事や日々思うことを書き留めておこうと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
432

サーキットに行くと、とにかくバカでかい音のシビックさん達が目立っており、彼らには大変・大変失礼なのですが、「汚いクルマ多い」わけです(私のロードスターも汚いのですが、シビックはもうボロボロ・・・な状態です、一般人から見ると)

でも名車もたくさん見ることができ、街やイベントなどで見かけるショーカーのように綺麗さはなくても、「古いクルマですが、現役で走ってますよ」というクルマに出会えるわけです。

そして、そのたびに思うのです。「趣味なんだから、カッコを気にしなくなったらアカンな」

もちろん溢れるほどの資金なんてどこにもなく、費用は限られていますが、できるだけキレイにカッコよくモータースポーツしたいと思います。
スポンサーサイト
11月25日セントラル 午前中

前日に続き25日の土曜日のセントラルサーキットへトコトコと駆けつけました(ロードスターには「トコトコ」という表現が似合うと思うのです)。

さてサーキットへ到着してまず気付いたのは「ピットがない!」こんなに人が多いセントラルサーキットは初めてかも・・・です。上の画像もKカーのイベントのようでしたら、ショップの走行会が2件開催されていたようです。いつもは「貸し切りかよ~(ニヤニヤ)」と嬉しいボヤきだったのですが、今日は「ヒ~」と本気のボヤきです。

二輪の方のピットが空きそうだったので、一声かけて譲ってもらうことに。荷物をおろして、走行の準備開始です。

そして、強烈な方々もご到着。
11月12日 セントラル CC軍団

ピットの前から。一番手前のロドスタ君・・・ただでさえ小さいのに、余計小さく見えます。
11月25日ピットの様子

ピットの裏から。CCさんに「メシ行こう♪」と声をかけてもらっているシーンです。
11月25日ピットの様子 後ろから

この後、ミスターT氏の社用カー R34が合流。GT-RかFDか、ということに。私もロードスターのところにFDを並べられたら・・・いやいや、今はドライビングスキル向上中の身。今はロードスターを手足のごとく動かせるように精進せねば・・・でないと、FDを何台も潰すことになるので(笑)

ロードスターは仕様をほんの少し変更です。
ステアリングをまた交換。モモ スパイダーとの比較のため。
空気圧:全タイヤ 2.1
オーリンズ F:最強 R:最強 セッティングの方向性確認のため

1本目(トータル14本目)
5、6周したところで、一旦ピットイン。リアの減衰を6段戻しへ。最強では、クルマの挙動が落ち着きがなくて、踏めません・・・。
結局、ベストは1分42秒台。

2本目(トータル15本目)
車高:フロント 58センチ→57センチ
途中から真っ暗に・・・17時からの走行枠だったのですが、日没のため何も見えませんでした。峠みたい・・・このときもベストは1分42秒台。
ただし、前日や1本目のような唐突な挙動が収まり、かなり踏めるセッティングになりました。もうリヤの車高は変更できないので、フロントと減衰調整で詰めるしかありません。フロントももう少し下げてみてどうなるか見てみたいのですが、極端にオーバーになるようでしたら、リヤをショートスプリングへ交換するついでにバネレートを上げるしかないようです。ここらへんはCCさんに相談ですかね。

ちなみに、、、1本目終了時に大量の冷却水漏れ発生。劣化した冷却水ホースがヒビ割れており、冷却水が噴出していました。近所のAQUAさんで、即対応していただきました。お代は1,000円ポッキリ。でも、やってくれなかったら、もう走れないどころか帰れません。本当に感謝感謝です。

3時間耐久までにホース類を交換しとかないと・・・
11月 ステアリング モモに変更
約3ヶ月ぶりのセントラルサーキット。寒い!10℃あるかないか。
前回までは、真夏の気温でしたので、タイヤを温めるなんて不要ですし、グリップなんて最初からしてるんちゃうの?だったのですが、今日はそうはいきません。「あらら~」っくらいに滑ります。

1本目(トータル12本目)
ベスト:Lap 8/ 01:39:41
セッティング:リヤ車高 58.5センチ→57.5センチ
オーリンズ F:最強 R:6段戻し
Lap 1 01:46:51
Lap 2 01:44:19 タイヤが滑って怖い&シートポジションが街乗り・・
Lap 4 01:41:96
Lap 5 01:41:43
Lap 6 01:39:83 初の39秒台!
Lap 7 01:40:07
Lap 8 01:39:41 >>1本目のベスト
Lap 9 01:39:51

Lap10で、痛恨のスピン。右コーナーでいつもリヤの出ても踏んでいくところですが、ちょっとステアリングを戻すタイミングが悪かったか、踏みすぎたか・・・大きくリヤがブレークした後、強烈なお釣り!クルンと回ってそのままタイヤバリアを少し押したところで止まってくれました。よかったよかった・・・さて、行きますか・・・とクラッチをつなぎましたが、、、砂にハマって抜け出せませんでした。1本目終了・・・

2本目(トータル13本目)
ベスト:Lap 10/ 01:38:94
セッティング:オーリンズ F:最強 R:8段戻し
タイヤ空気圧 冷間1.9→2.1へ
Lap 1 01:41:91
Lap 2 01:41:55
Lap 3 01:39:76
Lap 4 01:40:00
Lap 5 01:40:07
Lap 6 01:40:36
Lap 7 01:40:03
Lap 8 01:39:66
Lap 9 01:39:97
Lap10 01:38:94>初の38秒台!Best
Lap11 01:39:32
Lap13 01:39:57
Lap14 01:40:30 最終コーナーでミス 一番乗れてたラップだったのに。

空気圧の調整が効きました。グリップしてくれます。しかも、30分ほぼ連続走行(1周だけ休憩しました)。どうも私は10周目くらいにベストが出るようです。とにかく丁寧に走れば39秒は切れそうです。

今のセッティングで38秒フラットを狙いたいですね。
近日中にCCさんのアライメントセッティングを受け、更に短縮していきたいところです。
何か非常にストイックなことをしているようですが、そんなことはありません。ロードスターって面白い♪本当にそう思います。 スピンの痕跡2

スピンの痕跡です・・・ミスターT氏曰く「誰がこんなとこ走っとんじゃあ~」 即効で、ゴシゴシ消しました。
ロードスター エアクリ フィルター交換

汚かったエアクリを交換です。HKSの毒キノコは、「やっぱ黄色より緑だろ」と根拠のない理由で、グリーンのフィルターに変更されました。

気持ちだけは5馬力アップです(絶対に変わりませんが・・・)
ロードスター エアクリ フィルター交換後

ロードスター 内装 改善後

ロードスターに約3ヶ月ぶりに火を入れました。夏に交換したバッテリーは、この長期間放置も何とも感じさせず、セルを回しました。スゴイですね。

さて、外装も酷いのですが、内装も汚い我がロードスター。まあ、13年も経ったクルマ・・・とはいえ、ちょっとイメージチェンジを実行です。

外したオーディオ部分には、ホームセンターで150円くらいのボードを貼り付けました。ステアリングはFDから外したモモ スパイダーを。助手席側に転がっていた水温計は、短かった配線を延長し、コラムカバーの上に、両面テープで貼り付け。
センターコンソールを外した後は、余ったカーペットに穴を開けて、上から被せただけで・・・かなりキレイになりました。

明日、天候が良ければ走りに行ってみようと思います。
空

ベストシーズン到来にも関わらず、ロードスターは眠ったまま・・・これではイカンということで、明日引っ張り出す予定です。

でも天気予報は雨(涙)それでは・・・と、いじってみようと思います。メニューは以下の通り。
・後ろの車高を限界まで下げる(オーリンズのバネ長が、比較的長く車高はあまり落ちません。とりあえず、限界まで落とすつもりです)
・可能な限りの軽量化

一度走行した後に・・・
・フロントの車高を上げてみる(とにかくアンダー傾向にもって行きます)
・タイヤのローテーション、できればアライメント(コレずっと言ってますね)

気温35度以上で1分40秒でしたので、現在の10度少しなら2秒程度を短縮できるのでは・・・などと目論んでいます。

Audi TT 1

京都のK氏のAUDI TTです。
新型TTが発表されても、1代目TTは魅力が陰ることなく、そのスタイルは今なお新鮮です。

今回はモデファイがされたということで、ちょっとチェックを。
サイドステップは特徴ありますね。
Audi TT 2

そして、一番手のかかったリアまわり。マフラーはワンオフ(憧れるなあ・・・ワンオフで作ってみたいものです)そして、バンパー下部のダクト追加。
何かをイメージさせるのですが(私はポルシェ959のリアを連想しました)、似ているわけでもなく、でも自然にスポーティさをイメージさせる・・・One&Onlyなわけです。
Audi TT 3

FDの次期ホイール候補にBBS RG-Rをノミネートしておこうと思います。
2006 高雄 秋

土曜日は京都へ。天気予報は曇りですが、非常に怪しい。今にも雨が降りそう・・・にも関わらず、紅葉シーズンの京都は渋滞だらけ。予想よりも1時間近く遅く到着です。

もうクルマが多く、走るような状況でないので、カレーうどん鍋を食べて、けんじ7さんと話し込んでしまいました。
2006 高雄 秋2

もみじの紅葉は、今年も難しかったようです。緑のものや黄色のもの、真っ赤になったかと思えば、すでに散ってしまったもの、、、ついこの間まで、天気が良すぎて暑かったですもんねえ。

次の週末もあまり天候がよくなさそうですので、今年のもみじ狩りは平日だけですね・・・
2006 高雄 秋3

ニコン7さんの記事に反応です。

先日のF1日本GPで、1コーナーの席でも特別に良い席を確保したいがために、私はプレミアを払ってでもオークションでチケットを入手しようと思いました。しかし極めて危険で軽率であったとさえ思い、反省しています。

運がよかっただけですね・・・
私に当時届いたメールです。

初めまして、○○○○○○○gumaと申します
オークションご参加ありがとうございました
ご相談したいのですが、上記題名の最高落札者の方と交渉したところ、仕事の都合上入金が再来週になってしまうとの事でした。
私としては最高落札者の方に悪意があったとは考えられませんし、落札者の繰り下げに対して、出品者あるいは最高落札者の評価にマイナスが付いてしまうのも事実です。もし差し支えなければ、貴殿とのお取引を考えたいと思いますのでご検討願います。
オークション手数料3%に関しましても最高落札者の方が責任を持ってご負担されました。料金に関しましても当方は入札額でお譲りしたいと思います。送料に関しましてもこちらで負担いたします。
私としてはスムーズなお取引を希望致します。お手数ではありますが、前向きにご検討くださいますよう宜しくお願いします。
次の方にも問い合わせをしたいのでキャンセルでもご連絡下さい。よろしくお願いします。


ちなみに私は、オークションIDと同じ名前のメールアドレスをチェックしていません(使っていません)。しかし、このメールはそのオークションIDと同名のメールアドレスに送られていました。それで、当時メールを確認できませんでした。

また、このオークションのチケットは、E2 F10列連番。私としては「まあまあ」な席で、どうしても欲しい席ではありませんでしたので、別の極上席を狙っていました(結局そちらを無事購入)。

もし、このメールが悪意のものだとしたら、私が被害に遭わなかったのは、偶然が重なっただけ・・・ですね。

このメール、よく読むと「振り込みが遅くなるから、別の人に譲りたい」と言っているのに「オークション手数料3%は負担してもらった」となっています。じゃ、そのときにチケット代を払ってもらえYO!という一文です。変ですね。exciteのフリーメールから送られて来ているのも怪しい・・・

とにかく、ゾッとしました。来年はオークションで購入するのはヤメておきます。
「やれやれ」と出張からの帰り、もう少しで自宅というところで、何やら愛着のあるロゴが・・・「ん?」

OMEGAのマークがあります。出張に行くときは「フェラガモ」だったと思うのですが、金曜日の今日はオメガになっていました。

心斎橋・御堂筋沿いにオメガブティックが来るのはごく自然なことだと思います。近くにはロレックス(ちょっとだけ移転しましたね)にフランク・ミュラーも堺筋から移転してきましたし。でもハービスエントで「がっかり」しているオメガブティック・・・しょぼかった。行くたびにがっかりする・・・店員も明らかに素人さんだし。心斎橋、大丈夫かなあ。

せめて歴代のスピードマスターくらいは並べて欲しいものです。それか、Mシューマッハがオープニングで来るとかだと「スゲーぜ、オメガ!」となるのですが。
オメガブティック 心斎橋

内装の仕上がり具合から、来週くらいにはオープンしそうです。
VW タイプⅡ

なにやら最近北海道が騒がしいのですが、北海道は九州よりデカいワケで、たまには災害があっても仕方のないところです。

画像のクルマは、VW タイプⅡというクルマで良いのでしょうか?大好きなクルマですが、フォルクスワーゲンの車種名は詳しくありません・・・ちなみに、この画像は2004年の9月・北海道 羅臼の道の駅でした。

画像だと南国ムードすらありますが、北海道の果て・・・です。このクルマを見ただけで、すごく雰囲気があり、オーナーが北海道ツーリングを愉しんでいることが伝わります。

このVW、京都ナンバーだったので、「京都人はエエ趣味した人が多いのお。もしかしたら京都で再会するかも・・・」と思っていたのですが、なんと小樽で再会しました。小樽~舞鶴のフェリー乗り場にいました。しかも私の後ろ!
VW タイプⅡ 小樽

「羅臼にいましたよね!?」画像を持って行きたかったのですが、そんなときに限って画像データが見つからず、結局オーナーさんには声をかけられませんでした。ちょっと後悔しています。

今でも乗っているのかなあ。

ps
羅臼と小樽 約300キロ。羅臼で出会ってから3日か4日後の再会だったと思います。
羅臼と小樽

ステアリング交換です。5年ほどモモ スパイダーを愛用してきましたが、このたび「触れるところはリフレッシュ計画」により交換です。

スパイダー カーボンのビジュアルは気に入っているのですが、使用感はよくないですね・・・当たり前ですが、カーボン部分がスベるしカタい。ドライビンググローブが必須です。

そんなわけで、耐久性に問題ありそうですが、使用感は文句なしと思われるスエードのステアリングにしようと思いました。径は33パイで、黄色のステッチ、大きなホーンボタンがないもの、ディープコーンと悩みましたが、今回はフラットなものを選択。形状は、D型ではなく真円タイプで、握りはオーバル形状・・・条件は以上です。

条件に当てはまるものは、なかなか見つからなく「コレは!」と思って問い合わせても、既に廃盤で在庫がないという状態です。そこで店に直接行き、検討することにしました。
OMP ヴェロチータ

今回購入したのは、OMPヴェロチータ。33パイ スエードで、条件に当てはまらないのはホーンボタンだけです。(黄色のステッチではないのですが、黄色でトップ部分にラインがあるのでOKとしています)
最後まで悩んだ候補は、モモ モデル80。こちらは35パイだったので、今回は見送りましたが、それ以外はカンペキだったんです。もし機会があれば、こちらも欲しいものです。
モモ モデル80

購入先はナニワヤさん。土曜日の夕方でしたが、静かな店内で吟味することができました。
旧シフトノブ1

私のFDは、タイプRバサーストRの限定車なのでマツダスピードのシフトノブが付いていました。しかしそのシフトノブは、リアルカーボンとアルミのサンドイッチですので、比較的軽量なモノです。

軽量なので、ややシフトの感触は満足度の低いところだったのですが、カーボンとアルミの接合部からビビリ音が発生し始めたときに「イラネー」となり、交換することになった次第です。

最初はオートエクゼのチタンノブ。290グラムもあるので、非常にシフトが楽になります。クイックシフトにしたのですが、重量のおかげか、それほどシフトフィール悪化は気になりませんでした。しかし、やや大きい・・・と感じ、3個目の球形シフトノブへ。

3個目のシフトノブは、ロードスター用に購入したのですが、これが絶妙な大きさ!重さは290グラム。素晴らしいです。しかし、完全な球形のため、上記画像のように、シフトブーツとの間の細~いところが・・・気になります。まるで、靴とパンツの間に見える素足のようで・・・

そこで、登場のコイツ。なんてビミョーなカスタマイズ!
シフトノブ比較

重量は同じで、ややシフトノブ下部にスカート状の部分があります。
【装着後】
新シフトノブ 装着後

画像のホワイトバランスが狂ってますね・・・んん、、自己満足ということで。

ps
交換当日は、RX-7がメインのツーリングを予定していたのですが、豪雨のため中止に。このシフトノブを装着体験してもらおうと思っていたのに・・・近々 ロードスターで復帰です。
ツリー

この季節の梅田周辺(特にハービスエントからヒルトン大阪にかけて)のLEDには、「おおっ」となったものですが、最近慣れてきてしまいました。

そこへ「おっ!」となったのが、なんばパークスのクリスマスツリー。
意外な場所だったので・・・というと、関係者のN氏に怒られそうですが、なかなかイケてると思います。

紅葉といい、ライトアップといい、ドライブネタには困らない季節は、やっぱりイイですね。
エンジンオイル交換
謎の銘柄 5W-50かな?

走行距離48,340㎞
IL MONTE RV

「こいつは面白い」と思ったサイトがあります。
キャンピングカーのレンタルサイトなのですが、ツアーにもなっています。(日本語サイトもありますね。エルモンテRV社

私はアメリカを旅行したことがありません。でも嫌いなわけではなく、単に機会が無かっただけです。「ルート66を走ってみたい・・・」と、まるで昔 北海道を走ってみたいなあ、と思っていたのと同様、夢を見るわけです。でも北米には、愛車は持っていけない(可能ですが、現実的でない)。

そこへ、このキャンピングカーのレンタルツアーサイトの登場です。
注目しているのは、NASCAR Package!ラスベガスもありますね。

キャンピングカーに乗ってコイツを観戦!サイコーですねえ。ぐーるぐーるとオーバルコースを回るNASCARを観て、ビールを飲み、フルコースコーション後のグリーンフラッグで、ファックなヤンキーどもと盛り上がりたいものです。
ロビー1

「クルマがあって景色が良ければ、それでいい」と、ついこの間まで思っていましたが、最近ちょっと違うようでして、嗜好が変化しているのか、広がっているのか気になっています。

人としての時間は、どんな人でも限られていますし、ごはんを食べる回数も無限ではありません。「まあ、いくらでも時間ならあるさ」とラテン気取りするのも、「もう、残りはこれくらいしかない」と、ネガティブ代表に陥るのも自分次第です。

できれば上手にバランス良くいきたいところなのですが、ややラテン気取りというか、無精者というか、私はムダにしすぎる点があるので、意識的に「もっと楽しもう♪」と思うわけです。

この冬 旅行に行くなら・・・久しぶりに海外 いや沖縄か・・・いやいや有馬温泉で豪華に・・・と悩んでるだけなんですが。
ロビー2

いつものように【画像はレスポンスより】
アドレナリン

CX-7の試乗には必ず行くつもりですが(買えませんが)、そこそこ期待しているわけです。

そんな中、レスポンス記事の「CX-7 アドレナリン仕様」です。フロントフェイスは、少し前のマツダ コンセプトカー鏑(かぶら)のイメージですね。どうみても20インチ以上ありそうなホイール。イエローに塗られらキャリパー。360モデナを意識したようなフロントスポイラー。

シャコタンのCX-7は、私にとって初お目見えでしたので新鮮でしたが、なかなかカッコよさそうです。

でもMPVのほうが豪華装備で100万円近く安いって・・・
イセキ トラクター

RCカーの回想・・・というか連想です。私にとって最も「カッコいい!」と思っていたRCカーに、ポルシェ956 ニューマンカラーがあります(日本ではタカQポルシェとか言って、同じようなカラーで走っていたと思います)

そんな956や962など、Cカーの時代に「ISEKI」カラーのポルシェもいました。イセキ・・・農機具メーカーがモータースポーツをスポンサードできる、良い時代だったんですね・・・

そんなワケで、日本の農機具ならヤンマーよりイセキなワケです。
使う機会はありませんが。

北海道・富良野にて。
ボンネットの形状が美しい・・・ちょっと宮崎駿監督の描くモノを連想させます。ラピュタにも出てそうな・・・そんな雰囲気を感じさせます。
イセキ トラクター2

↑ひどく興奮した顔をしていますので、カットしておきました。
折り畳み自転車1

自分でも「よく働いとるのぉ」と思うのですが、明らかに運動不足です。

FDを購入したころ、あちこちフラフラとドライブをした際に、「チャリがあるとイイなぁ」と思っていました。でも乗りそうで乗らない。リヤのタワーバーが邪魔するんですよね。あれを外せば、結構大きな折り畳みチャリでも乗せられそうです。

そこへ画像のようなチャリ。超小径ホイール&ホイールベースで、直進安定性が甚だ不安ですが、乗ってみたいです。おそらくダートの走行能力は無いに等しいと思いますが、意外と乗れるかもしれません。

↓なんでスーツで乗っているのかわかりませんが、リヤタイヤの空気圧に問題がありそうです・・・
折り畳み自転車2

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。