CLOUD SEVEN+

愛車FD3Sでの出来事や日々思うことを書き留めておこうと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
スポーツ系 カップヌードル

スポーツ系カップヌードル 初体験。

先日、池田市あるインスタントラーメン発明館へ行きました。以前から行きたかったのですが、きっかけがなく、年明けに安藤百福さんが亡くなったので、追悼も兼ねてお伺いしました。

なんせ、インスタントラーメン・カップ麺は私の人生の友であるわけです。アウトドアでもインドアでも、カップ麺はいつも私のそばにあり、これがあれば死ぬことはありません。

またUFOがあれば、ごはんが何杯でも食べられる・・・そんな記憶があります。最近はさすがにそんな食べ方はしませんが、当時 親がもっと私にUFOを与えてくれたら、もっと大きく育ったかもしれません(平均身長に数センチ足りません)

ところで、スポーツ系カップヌードルを初めて食べました。燃焼系と回復系があります。味は・・・特別美味くはありませんが、不味くもなく、独特な麺が印象に残ります。

他には、特に「どん兵衛」のバリエーションが多く売っていました。東北限定、九州限定だの、いろいろあります。「ちゃんこ鍋風うどん」が売られていましたが、ニンニクが効いていて、臭いが・・・仕事中はやめた方がよさそうです。

近日中にまた行くつもりです。オリジナルチキンラーメンを作りたいので♪
スポンサーサイト
なにやら島根で現職大臣が「女性は生む機械」発言した、という問題が勃発しています。一方では、ミラーマンこと植草元教授&人気エコノミストが、保釈されたニュースが・・・

まあ、「女性は・・・生む機械だぁ」と言ったのではなく、話を聞いていると「モノの例えが悪すぎる」にすぎず、統計の話をするときに「生産工場=機械」に置き換えることは、私もよく使う手なので、なんとなく気の毒に思います(社民党のヒステリックな女性たちには、幼稚な空気を感じますが)。

さて、ミラーマンこと植草教授は、野村総研エコノミスト時代から特に経済ニュースでのコメンテイターとして人気があったと思います。竹中元大臣と人気二分するほどで、当時は私も「んん、わかりやすいこと言いはるわ!」と関心したものです。

でも、その信頼はある日打ち砕かれました。植草さんのコメントはすべて「セリフ」だったのです。いわば「台本通り」だったわけです。あるきっかけで、土曜日の朝の番組「Wake Up」の台本を見ることがありました。参考程度かと思っていたら、その日彼はその台本通りに発言をしたのです。「う、うまい」むしろ演技が上手なのを関心したくらいです。(以来、朝まで生テレビもセリフだと信じています)

世の中、台本通りにやってもうまく行かない人よりも、大臣のように台本チェックを受けないがために、バッシングされているくらいのほうが、私にとってはちょうどよく、信頼できるものです。(モノには例えようがあるのは、私自身も注意せねばと反面教師にもなりますし)
お昼頃、心斎橋に向けてチャリで出発後約15秒、遭遇しました。ポルシェ959!!!「ぬお~~」目が覚めました(二度寝してボケーとしてたし)

いや、「逆光の中をシルバーのポルシェが来とるなぁ」くらいだったのですが、近づくと「ん?」そして確信したそのとき、959は右折していき、そのサイドビューを披露してもらいながら、走って行きました。リアビューは、中学生のころに作ったタミヤのプラモデルそのまま・・・美しかったです。

ところで、昨秋に発売された新型スカイライン。好調な販売がニュースにもなっていましたが(バジェット・販売予定数が低すぎるとも思う)、ほとんど街中でみた覚えがありません。

「なんで?」となのですが、ひとつ思うに「私が気付いていない」のではないかと思うのです。特に下の画像を見たときは、真剣に思いました。

ZERO クラウンです↓
新型スカイライン

と言われても、ボクは「あっそ、でもなんでニスモなの?」と思うほど、インパクトがないのです。
【画像はレスポンスより】
ニンテンドーDS

となりに、「ニンテンドーDS欲しいぞ!」としつこい人がいまして、少々困っています。年末商戦のなごりなのか、売り切れ続出です。

おとなりさんは、単に「マリオカート」で勝負したいだけのようです(ちなみに私はゲームが極端にヘタです)

このことを某航空系企業の方々へポロッとこぼすと「DSってなんの略か知っていますか?」とトリビアトークへ。

ダブルスクリーンだそうですが、合っていますか?(そんなことより、売ってるとこ探すのメンドクサイ)
お恥ずかしい話ですが、マフラーが外れました・・・

まあナットが欠落していただけで、ボルトはアース線に引っかかり残っていました。外れた箇所は、触媒とマフラー側をつなぐ2本のうち1本が、外れていました。

「周りに爆音クルマがきたのかな?」と思いましたが、センターコンソールあたりから伝わる振動が、いつもと違います。すぐにクルマを停車させて下を見ると・・・外れてガスケットがぶら下がってる・・・
偶然にもちょうど走行距離49,000キロぴったりでした。

実は先日ロードスターも外れていましたが、結構外れる箇所なのでしょうか。何はともあれ、そろそろきちんと整備してあげないといけません。
マフラーはずれた

主人公は北九州市(厳密には北九州よりも南のところ筑豊だそうですが)の出身という設定だそうです。もこみちクンですな。

で、地元民として思うのです。「もこみち、下手すぎっちゃ!」

筑豊弁はもともと博多弁や熊本弁に近いところがありますが、それでも今回のドラマのもこみちクンのは、「高知弁か?坂本龍馬か?」と思われるシーンが再三あります。出演者全員が「甘い、ロバートの秋山にやらせちょけ!」と思わせる演技です。

しかし、「ダイハツ オトコ・タント!」が最も似合う地方は「筑豊」だと私も思いますので、このドラマにもこみちクンがキャスティングされたのは当然なのかもしれません。

ps
コブクロの曲、今回もいいなぁ
絢香×コブクロもいいしなぁ
サイバーショット 修理後

修理に出していたサイバーショットが返ってきました。一度は「問題なし」だったのが、今回はスイッチ交換と「電池が劣化してるから新品買え」のメッセージ付きで、約13,000円・・・ビミョーな金額です。

購入したヨドバシカメラで修理を依頼したのですが、依頼時に「13,000円以内なら修理してください。その金額を超える場合は連絡ください」というのが標準だそうです。そのときは「じゃあ、それで」となったのですが・・・

あまりにも「13,000円ニアピン賞」なので、少々疑っています。「あんとき12,000円、いや11,000円まででお願いします」と言っていたら、その金額で修理したのではないか・・・いや、むしろ今回は15,000円コースのところ13,000円コースに納めてくれたのではないか・・・いやいや・・・いやいやいや・・・(しつこい&女々しく続く)

まあ、一時燃え上がっていた一眼デジカメの購入が吹き飛んだのは間違いありません。
これで十分。

ps
今後、デジカメを買うときは追加料金を払って5年保証に申し込むつもりです。私はこのデジカメで2台目ですが、確実に壊しています。
お隣のオフィスとも言うべき距離に、東京ミッドタウンがほぼ完成しつつあります。

てゆーか、もうすでに引越しが始まっており、いつも動きの速いYahooさん(ソフトバンクさんですね)は、ごく一部の部署を除いて大移動中のようです。ちなみに、私はその「ごく一部の部署(残った方々)」とのお仕事なので、残された彼らにはビミョーなのですが「嬉しい」ところではあります。(某ホテルの人たちもバタバタしています)

ミッドタウンの住民の多くは、元ヒルズの住民でもあるわけで、このビルの方々の文化が向こうにも伝播するのだと思います。この方々、口癖なのか流行なのか「そもそも」とよく発言されます。そもそも論な会話が始まるわけです。

他にも流行り言葉はあり、私も使うぜ!意識しているのは「そもそも」「バラバラ」「ノコギリ」というところです。
また今週も1週間出張です。先週は東京だけでしたが、今週は移動が頻繁にあるので、ちょっと憂鬱です・・・

機会があれば、なるべくあちらこちらのホテルに宿泊するようにしていますが、先週は赤坂見附近くに新しくオープンしたホテルにしてみました。

赤坂近辺は、なんとなくこじんまりとしていている印象で、私にとって分かりやすい場所です。ですが、いきなり風俗があったりしてビックリもします。国会議事堂や首相官邸まで数百メートルの場所にあるとは思えない・・・
赤坂はバブルの名残りでしょうか、まだ所々に小さな空き地があるようで、今後もどんどん様変わりしそうです。

ところで、こんなクルマが空き地にとめていました。あまりにキレイなので、本気で走っているクルマなのかわかりませんが、カッコいいですね(ロールバーはしっかり入っていましたが、タイヤはキレイでした)
akasaka ポルシェ

走る姿をみたいものです。
USJ LED 1

季節外れですが・・・USJのクリスマスツリーです。

このツリーを見ると、きれいだなぁと思う前に、ガンペルくん(USJ社長です)が「1億はかかったぜ、ハンドレッドミリオンツリーだぜ、気分はビリオンだせ!!(ちょっと作りましたが、こんな雰囲気です)」と自慢気だったのを思い出します。それは嫌味で聞こえたのではなく、当時窮地に追い込まれていたUSJの財政状況の中で、ガンペルが「なんとしても日本一のツリーを作るんだ」と取り組んだ上での「誇り」のように聞こえ、悪い気はしませんでした。

しかし、数年のうちに時代はLED化へ。そうです、当時のUSJのツリーは白熱球。消費電力と輝きはLEDには適わないわけです。「嗚呼、ガンペル、また悩んでるだろうなぁ」
USJ LED 2

しかし昨年のUSJのツリーは、すばらしいLED化がされていました。真っ白になったときのまぶしいこと! で、今日知ったのですが(おそすぎ・・・)、あの特許問題の発端者、日亜科学の提供によりLED化されたそうです。
USJ LED 3

13万個も提供されたそうです。当然、日亜科学製なので最高級品質でしょう。欲しい・・・

USJって運に見放されていないのかもしれませんね。
Don't Pluto me...
「バカにすんなよなぁ」「見くびるんじゃねぇぞ」文字にするとキツい表現ですが、実際は軽~い感じで使われています.
(もちろん「Fire:解雇 クビ」と同様に使われている世界もあるかもしれませんが・・・)

Pluto=プルートは惑星から降格されたのですが、冥王星はアメリカ人が発見した星だったせいか、インパクトが少なからずあったようで、私の知人も確かにこの使い方をしていました(最近は聞きませんが・・・流行語ですね)
【時事通信より】米方言学会は8日までに開いた年次総会で、2006年に最も注目を集めた新語を選ぶ言葉大賞に、冥王星の惑星からの降格をきっかけに「評価を下げる」という意味で動詞的に使われるようになった「プルート(pluto=冥王星にする)」を選出した。
ま、あまり使いたくない言葉ですし、深く気にすべきでない言葉でもあります。とにかく人を評価したがる方々がいますね。プロフェッショナルな仕事をしたい以上、評価されることを恐れてはいけないのですが、気にしすぎるのはもっといけないわけです。

どっかの他人の決めた基準や評価をもとに生きるなんてゴメンです。
美瑛 丘 田園

夢もへったくれもないわけで、単なるデモンストレーション・マーケティングデータ上での商品というべきか・・・要するに「数値化できない美しさ」を感じません。

NSXコンセプト 「うひゃ~スゲー」となれない・・・
あの80年代末期 先代NSXコンセプトカーを見たボクはまだ高校生だった。ボクは単に青かったのか、10年以上を経て感受性・先進性を受け入れる許容な心を失ったのか・・・
NSX

S2000のコンセプトカーはとにかくカッコよく、ホンダのスポーツカーは素晴らしい!買うよボク。と思ったものですが、その発売以降 なかなか琴線にピンと来ません。
あまりにズレるので、私が時代に取り残されているのかと心配になるほどです(もしそうであっても、カッコよいと思うクルマしか欲しくないですが)。

こちらはレクサスですかね。スープラの後継ということでしょうか。
FT-HS

【画像はレスポンスより】
最近ロゴの変更に伴い、看板が変わったロッテリア。再建に向けて本腰が入ってきたところでしょうか。

まずロッテリアになんて行くことはないのですが、ちょっと興味本位で行ってみました。ユニクロでは飛躍できなかったとはいえ社長まで勤めた方が、ロッテリアの再建に携わるとどうなるのか・・・そう思い「何から手をつけているか」気になるところです。
ロッテリア

結果をいうと「ロッテリアを選ぶ理由が見つからん・・・」例えば、このパッケージ。期間限定だと思いますが、この文字だらけの手法。決して新しくないですし、書かれている内容はひと目でウンチク三昧と分かり、もう読む気がしません。「私たちこだわっているんですぅ~気付いてましたかぁ~どうぞどうぞぉ~」とあからさまでは、ややウンザリなのです。必死かよ・・・と。

ところでこの再建プロジェクトの方々、バーガーキングの日本再展開に取り組むそうです。こちらは日本撤退してからしばらく経っているブランドですので、どんなアイデアが実践されるのか楽しみです。
こちらのサイト All Sportsコミュニティで画像が公開されていました。
つい先日の2007年走り初め走行会はまだ公開されていませんが、12月の耐久レースが公開されています(EXEDY 2006 OPTION2 セントラルお遊びDAY)。折角ですので購入を検討しています。

E-NAクラスで参加でしたので、多くの台数が走っていたのですが、我がロードスターの画像もかなり枚数があります。どれにしようかなぁ。

候補は・・・
E-NA予選の186番の画像。後ろの180SXを従えて下りの左コーナーへのアプローチです。
90分耐久レースの812番の画像。1コーナーと思われますが、フロントがフルバンプしていて迫力があります。840番もいいなぁ。
アップ画像もよいですね。861番の画像もイイ感じです。

どれか一枚は欲しいものです。
90分耐久 スターティンググリッド2

走り初めしてきました(朝3時半に起きました・・・ツライ)
スケジュールは、午前中 2時間のタイムアタック。タイムにより、3組にクラス分けしレース形式5周。
午後は、30分×3本のフリー走行 そして再び3組によるレース(決勝)。
新春走り初め1


運営に関してクレームは多々ありますが、十分走り応えがありました!(クレームとは、少し時間をかけても良いのでもっと今回の走行会のコンセプトを説明したほうが良さそうでした。また決勝レースは、参加者の行為があまりにも危険で、即 赤旗を出して欲しいほどでした。こちらも説明不足ですね・・・)

しっかし、丸一日が「あっ」という間に終わってしまうほど充実した1日だったと思います。楽しかった。
新春走り初め2

タイムは、1分40秒台・・・最近どうしても40秒を切れません。
交換したクラッチは、バッチリです。心なしかシフトミスもしにくいように思います。あと、フロントの車高を上げて、リヤのトラクションを確保する方向性は正しいようです(CCさんに3周だけ乗ってもらいました。2周目 早くも1分39秒台へ・・・速い!CCさんから「エエやん!面白いクルマやで」これでお墨付きです。頑張って練習しようっと。)

とにかく朝からクラッシュ・コースアウトの多い日でしたが、無事に終えたのが何よりです。先日の耐久レースに続き、スプリントレースは中々楽しいですね(実は最後に女性ドライバーのアルトに抜かれましたが・・・アルトワークスのターボエンジンに換装しているとはいえ、レース中にベタ付きされて、最終ゴール直前に見事に刺されました・・・お姉さん、すごくしたたかなレース運びですねえ)。
新春走り初め3

CCさんの86とバトルの予定でしたが、私のウデでは全くカスリもしない世界を走っています。Sタイヤ&フロントキャンバー増しで、ポンと1分35秒台。エアコン、内装付き、コンピューターもノーマルなのに。速いですね。我がロードスターでは遠い存在ですわ。
ロドスタ フロント調整1

明日は新春走行会です(ていうか申し込んだものの、受理されているのかどうかも分からず、大丈夫なのかな・・・な状態です。でも参加費は当日持って行きますし、損をすることはないかな)

先日の3時間耐久では、フロントを下げていたのですが「走りやすいが、リヤの落ち着きの無さは相変わらず」な状態です。そこで、この方向性で良いのか、フロントを上げてみることにしました。

オーリンズ推奨セッティングではプリロード ゼロ。これを少しだけプリをかけ、車高で約1センチ上げてみました。かなり変わるハズです。

明日、雨は大丈夫のようです。あとは凍結してなければよいのですが・・・
ロドスタ フロント調整2

車高を下げたことにより、タイヤがインナーフェンダーにモロに当たっていました。見事に穴があいています。
AUTOCAR

トラベラー 2007年9月に登場!?
時間潰しのために入ったTSUTAYAで、AUTOCARを見ると・・・結構なMINI情報量。それによると、、、
MINI CONCEPTとして展示されていたクルマは、実際にミニ トラベラーとして販売。2007年秋には販売開始。後ろは観音開きを採用。4枚ドアになり、リア側の2枚はRX-8と同様の開きからをする(こちらも観音開きということですね)。
また、現行のMINIよりも一回り大きなボディを作り、SUVバージョンも予定されているとか(こちらは2010年頃の登場か)。

「MINI TRAVELER 欲しい・・・」久しぶりにそう思うクルマです。

個人的にフェラーリは非現実的過ぎ、また私が心から楽しめるクルマの上限を超えています(要するに、私には器がない)。そこで、ポルシェを常に意識するわけですが、ポルシェは商売上手過ぎて次から次に、魅力的なモデルが登場します。じゃ買うなら・・・993のGT2か!?とまた、非現実的なシチュエーションに陥り、ヘコむわけです。
メルセデスやBMWなどのドイツ車は、私には仕事を連想してしまい居心地がよろしくありません。

結局、クルマ生活は楽しくて、それでいて一種の「妄想」というか「幻想」というか、所有することで満たされる何かが必要です(それが人から見て勘違いでも構いません。まぁそれは悲しいことですが、、、)

今年の秋に登場予定のMINI TRAVELER。でも海外ではとっくにモデルチェンジしたNew MINIは、未だに日本未発売です。ということは、トラベラーの日本発売も遅れに遅れて来年2008年かな、と勝手な予想をしてみます。
そのスケジュールなら買えるなぁ、、、欲しいなぁ、、、
MINI wagon

【画像はレスポンスより MINI CONCEPT】
FD 談山神社にて1

そういえば・・・というか、最近めっきりFDの画像が少なくなってきました。今年は増やしていかねば・・・

言い訳としては、「カメラの故障」が挙げられます。ロードスターは携帯電話のカメラで気軽に記録!となりますが、FDは自分の中では特別なクルマですので、きちんとしたカメラで撮ってあげたいと思うのです。

FDにカメラを積んで、色々なところへツーリングをしたいな・・・私がFDに乗り始めたころの感覚・原点でもあるわけですが、今年はまたそんな年にしようかと思います。

思えば、まだ日本全国行ったことのないところばかり。もっと旅をしよう。そう思うのです。
箕面 奥にて

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。