CLOUD SEVEN+

愛車FD3Sでの出来事や日々思うことを書き留めておこうと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
IME(input method editorの略だそうです)・日本語の変換ソフトが今月になってから機能しなくなりました。オフィス2007をインストールしてから約1ヶ月、もう「アホか!」なレベルでしか変換してくれないのです。

いつもはリモートアクセスで、会社のネットワーク上で仕事をしているため、自分のPCの状況はほとんど影響しませんが、住所すらも変換しなくて入力するのに何分もかかるので、対策をしました。

ATOKに乗換えようかとも思いましたが、MS-IMEでも不便では無かったので、とりあえず再インストール。なんとか治ったところです。ちなみに、今週中にはNew PCを箱から出します(こちらは3週間自宅に放置)

夏も終わりですね・・・
2007夏 甲子園

スポンサーサイト
2007淀川花火 1

鈴鹿8耐の花火とは違い、こちらは純粋に「花火のみ!」
一部でBGMが流れて耳障りなのですが、すごい規模なので、毎年楽しみにしています。
2007淀川花火 2

2007淀川花火 3

2007淀川花火 4

2007淀川花火 5

今年も日本ペイントビル前で観ました。1時間も見上げると、首がいたくなりますが(笑)、あっと言う間の1時間です。
2007淀川花火 6

narita

今年の4月から移動手段に飛行機を使うようにしています。以前は新幹線でした。とにかく搭乗とか手荷物検査とかメンドクセーと思っていましたが、慣れとは怖いものです。今ではせっせとマイルを貯めています。

さて、飛行機は100%化石燃料で動きますので、原油価格と運賃の関係がそのまま経営に影響します。成田では、以前JALで原油(航空燃料)の先物取引をしていた方と一緒に仕事をしています。彼によると需要の高くなる前に多く仕入れるのですが、どうしても余ることが多く(足りないと運航できませんしね)、余りそうな量を小売に流すなどして(ここでも先物)、利ざやを得たそうです。
(国営時代のJALのお話ですが、結構な収益性だそうで、今でも行っているでしょう)

昨今、またまたガソリン値上げが激しいですね。アメリカでは需要と価格の連動は十分に理解されており、7月8月のバケーションシーズンにガソリン・燃料が高くなるのは「当然」のことと理解されているそうです。そして、そこでも競争原理が働き、価格を上げたい企業と出し抜きたい企業(格安会社さんですね)が、血みどろの戦争しており、そうすることで消費者利益をキープしている・・・という極めて合理主義なわけです。

でも日本では、環境や資源問題と絡ませるか、単に原油価格の値上げ(外部への責任転嫁型)を理由に値上げしているわけです。石油業界の方々は8月は「利益率向上」の絶好のシーズン(ハイデマンド)なわけですので、「儲けたいので、あげまーす!」と言えばいいのに、言えない文化と習慣が日本にはあり、だらだらと値上げをする一方、極端な格安会社は悪いうわさや行政の監査が入り(脱税嫌疑など)、潰されていきます。そうすると、結局は高いコストを消費者は払うことになります。
ちなみに、値上げ理由は外部への責任転嫁ですので、この手法は2度の世界大戦のときやキムジョンイル君の国と同じなわけですが、悪いのは内部に癒着している方がいるからです。


もっと儲けろ!
そいつらを出し抜くヤツラも現れろ!
そして、もっと新しい価値観を生み出せ!


そう言いたいところですが、実は私は需要予測に深く関わる仕事をしており、やや我田引水な理論でもあります。

ps
先日のマクドナルドの地域別価格。原田CEOの元同僚が先日まで私の上司だったのですが、こちらもチャレンジを始めましたね。

あれも人件費などのコストを「言い訳」にしていましたが、需要の多いところはもっと儲けさせろ!需要の少ないところはあらゆるコンペティターを淘汰させろ!!という理論の言い訳です。
でもそうすることで、また新しい価値・イノベーションが生まれる(いや、生む義務がある)ので、良いことだと私は思うのです。
YOSHIMURA CAP

ヨシムラ優勝の熱が冷めないので、少しだけ自慢グッズを。
画像のキャップは2005年から購入していたヨシムラ8耐限定キャップです。やっとやっと勝ちました・・・ああ、ドキドキした。
2007 8耐 1コーナー after race

今年は日没前から涼しかったです。
ヨシムラは、ブリヂストンタイヤを使いました。スタート直後のダッシュが強烈で、ミシュランのホンダ・ダンロップのヤマハを引き離していきます。

炎天下のなか、ヤマハはすぐにタイヤが苦しい様子で、ズルズル後退していきました。そしてヨシムラも特にリヤのスライドが大きくなり、ホンダに詰められてしまいました。

周回遅れを巧みにかわしたヨシムラが先行し、ホンダと距離ができ、そして焦るホンダの転倒・・・また夕方には涼しくなり、ブリヂストンの安定したグリップを得たヨシムラの危なげない走り・・・
2007 8耐 1コーナー walk

花火は、このように寝そべって見ました。何度もいいますが、2コーナーのゼブラの上に寝ています。
2007 8耐 1コーナー hanabi

表彰式後も盛り上がっています。
2007 8耐 start line

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。