CLOUD SEVEN+

愛車FD3Sでの出来事や日々思うことを書き留めておこうと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ここ数年で各タイヤメーカーが、空気圧モニタリングシステムを発売しています。ヨコハマタイヤでも、サイトを立ち上げてより販促をかけるようです。

このシステムはトラックやバス用ですが、空気圧と温度(タイヤ表面だとスゴイのですが、恐らく違うでしょう)を測定でき、どのタイヤでトラぶっているか確認できるようです。センサーがどのように設置されるのかが興味のあるところです。普通車用がないのは、そのセンサー設置スペースや重いからという理由だとすると、すこし残念です。

ヨコハマさんのサイトもですが、モニター外見はいかにも「業務用」で趣味的用途レベルには達していません。でもそれらは大した問題ではありませんね(カーボンシールでパックすればよいのですから)。各タイヤの空気圧・温度がどのような状況か知りながら走れるのは、スゴイことですし、サーキット走行が趣味な方々には必ず売れることでしょう。Sタイヤの美味しいところを、カン・長年の経験に頼らずに、確実な情報のもとで誰もが活かすことができるハズです。

各タイヤメーカーが販売し始めていますが、彼らはどこから仕入れているのでしょうか。数社が競合して、開発スピードが上がると願ったり叶ったりです。

>ヨコハマタイヤ Hites
スポンサーサイト

圧力、温度センサーを1チップ化してICOCAのような外部からの電力を使って非接触(アンテナで受けた電力でデータ収集&フィードバック)通信するような仕組みが求められるでしょうね。送受信部をどうするかは悩みどころですが・・・ボタン電池内蔵のバルブ形状のセンサー&アンテナってのが一番現実的かな。なんて思いました。

2006.02.15 00:38 URL | Martin #- [ 編集 ]

Martinさん>
ホイールにセットするには、センサーにかなり工夫が必要ですよね。ハードに走るとホイールもアチーってなりますので、耐久性と温度センサーへの誤データとならないかなど、すぐに問題点がでてきます。
でも確かにICOCAの技術は面白そうです。ICOCAってやっぱり特許の塊なんでしょうけど(ソニーでしたっけ?)、クルマへの応用もかなり利きそうですね。
そういえば、レクサスには確かタイヤマネジメント機能があると聞いたことがあります。ホイールを安易に交換できん・・・とかボヤいてたと思います。重くなければイイんですけどね。

2006.02.15 11:26 URL | きったん #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zaki9872.blog24.fc2.com/tb.php/156-a251be25

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。